このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019044139) 減速機構付モータ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/044139 国際出願番号: PCT/JP2018/024086
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 26.06.2018
IPC:
F16H 1/16 (2006.01) ,F16H 55/06 (2006.01) ,F16H 55/08 (2006.01) ,H02K 7/116 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
1
回転運動伝達用歯車伝動装置
02
遊星運動をする歯車がないもの
04
ただ2つの相互にかみ合う部材を含むもの
12
平行でない軸をもつもの
16
ウオームおよびウオームホイルからなるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
55
運動伝達用の歯または摩擦面をもつ要素;伝動機構用のウォーム、プーリまたは綱車
02
歯のあるもの,ウォーム
06
材料の選択;材料の固有の性質に影響を与えるための歯をもつものまたはウォームの処理の用途
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
55
運動伝達用の歯または摩擦面をもつ要素;伝動機構用のウォーム、プーリまたは綱車
02
歯のあるもの,ウォーム
08
歯形
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
7
機械と結合して機械的エネルギを取り扱う装置,例.機械的駆動原動機または補助発電機,電動機との結合
10
クラッチ,制動機,歯車,プーリ,機械的始動機との結合
116
歯車をもつもの
出願人:
株式会社ミツバ MITSUBA CORPORATION [JP/JP]; 群馬県桐生市広沢町一丁目2681番地 2681, Hirosawacho 1-chome, Kiryu-shi, Gunma 3768555, JP
発明者:
内村 浩之 UCHIMURA, Hiroyuki; JP
青木 一明 AOKI, Kazuaki; JP
代理人:
特許業務法人筒井国際特許事務所 TSUTSUI & ASSOCIATES; 東京都新宿区新宿2丁目3番10号 新宿御苑ビル3階 3F, Shinjuku Gyoen Bldg., 3-10, Shinjuku 2-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600022, JP
優先権情報:
2017-16489630.08.2017JP
発明の名称: (EN) MOTOR HAVING DECELERATION MECHANISM
(FR) MOTEUR AYANT UN MÉCANISME DE DÉCÉLÉRATION
(JA) 減速機構付モータ
要約:
(EN) Because the pressure angle β° (=12°) of teeth 47 of a worm wheel 46 is greater than the pressure angle α° (=11°) of teeth 45 of a worm 44, the tips of the teeth 47 of the worm wheel 46 can be given a more tapered shape than if the pressure angle of the teeth of the worm and the pressure angle of the teeth of the worm wheel were the same angle (as has been the case in the past). This makes it possible to ensure that teeth which, in past cases, had been variable in terms of coming into contact reliably do not come into contact with each other even if there had been non-uniformity in the teeth 47 of the worm wheel 46.
(FR) Comme l'angle de pression β° (=12°) des dents 47 d'une roue à vis sans fin 46 est supérieur à l'angle de pression α° (=11°) des dents 45 d'une vis sans fin 44, les pointes des dents 47 de la roue à vis sans fin 46 peuvent avoir une forme plus conique que si l'angle de pression des dents de la vis sans fin et l'angle de pression des dents de la roue à vis sans fin ont le même angle (comme cela a été le cas dans le passé). Il est ainsi possible de garantir que les dents qui, dans le passé, avaient été en contact de manière fiable et variable, n'entrent pas en contact les unes avec les autres, même s'il n'y avait pas d'uniformité dans les dents 47 de la roue à vis sans fin 46.
(JA) ウォームホイール46の歯部47の圧力角β°(=12°)の方が、ウォーム44の歯部45の圧力角α°(=11°)よりも大きくなっているので、ウォームの歯部の圧力角とウォームホイールの歯部の圧力角とが同じ角度であるもの(従前の形態)に比して、ウォームホイール46の歯部47の歯先を先細り形状にできる。これにより、ウォームホイール46の歯部47にばらつきがあったとしても、従前の形態の場合に接触したりしなかったりしていた歯部を、互いに確実に接触させないようにできる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)