このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019044097) ワイヤーハーネスの固定構造
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/044097 国際出願番号: PCT/JP2018/021509
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 05.06.2018
IPC:
B60R 16/02 (2006.01) ,H02G 3/30 (2006.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
16
電気回路または流体回路で,特に車両に適用.他に分類されないもの;電気回路または流体回路の要素の配置で,特に車両に適用,他に分類されないもの
02
電気によるもの
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
G
電気ケーブルまたは電線の,もしくは光と電気の複合ケーブルまたは電線の据付け
3
建物,同様の構造物,または車両の中あるいは上における,電気ケーブル,電線またはその保護チューブの敷設
30
壁,床,または天井へのケーブルまたは電線の敷設
出願人:
株式会社オートネットワーク技術研究所 AUTONETWORKS TECHNOLOGIES, LTD. [JP/JP]; 三重県四日市市西末広町1番14号 1-14, Nishisuehiro-cho, Yokkaichi-shi, Mie 5108503, JP
住友電装株式会社 SUMITOMO WIRING SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 三重県四日市市西末広町1番14号 1-14, Nishisuehiro-cho, Yokkaichi-shi, Mie 5108503, JP
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
発明者:
西村 哲也 NISHIMURA Tetsuya; JP
水野 芳正 MIZUNO Housei; JP
宇治田 智 UJITA Satoshi; JP
横井 基宏 YOKOI Motohiro; JP
池田 茂樹 IKEDA Shigeki; JP
江端 大輔 EBATA Daisuke; JP
中野 悠 NAKANO Haruka; JP
代理人:
吉竹 英俊 YOSHITAKE Hidetoshi; JP
有田 貴弘 ARITA Takahiro; JP
優先権情報:
2017-16918604.09.2017JP
発明の名称: (EN) WIRE HARNESS SECURING STRUCTURE
(FR) STRUCTURE DE FIXATION DE FAISCEAU DE CÂBLES
(JA) ワイヤーハーネスの固定構造
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a technology which makes it possible to easily secure a separately formed wire harness to a muffler. The wire harness securing structure is equipped with: a muffler positioned between a body and a floor mat in a vehicle; a wire harness positioned along the principal surface of the muffler; and a securing member which secures the wire harness to the muffler by passing through a through-hole formed so as to pass through the muffler in the thickness direction thereof. The inner-circumferential surface of the through-hole in the muffler is adhered to the securing member.
(FR) La présente invention concerne une technologie qui permet de fixer facilement un faisceau de câbles formé séparément à un silencieux. La structure de fixation de faisceau de câbles est équipée : d'un silencieux positionné entre un corps et un tapis de sol dans un véhicule ; d'un faisceau de câbles positionné le long de la surface principale du silencieux ; et d'un élément de fixation qui fixe le faisceau de câbles au silencieux en passant à travers un trou traversant formé de façon à passer à travers le silencieux dans le sens de l'épaisseur de celui-ci. La surface circonférentielle interne du trou traversant dans le silencieux est collée à l'élément de fixation.
(JA) サイレンサに対して別体として形成されたワイヤーハーネスを容易に固定可能な技術を提供することを目的とする。ワイヤーハーネスの固定構造は、車両においてフロアマットとボディとの間に配設されるサイレンサと、前記サイレンサの主面に沿って配設されたワイヤーハーネスと、前記サイレンサに厚み方向に貫通する態様で形成された貫通孔に通された状態で前記ワイヤーハーネスを前記サイレンサに固定している固定用部材と、を備える。前記サイレンサのうち前記貫通孔の内周面が前記固定用部材に密着している。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)