このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019043998) 深部体温上昇用組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/043998 国際出願番号: PCT/JP2018/007813
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 01.03.2018
IPC:
A61K 31/575 (2006.01) ,A61K 36/48 (2006.01) ,A61K 36/81 (2006.01) ,A61K 36/88 (2006.01) ,A61K 36/896 (2006.01) ,A61K 36/899 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
56
シクロペンタヒドロフェナントレン環系を含む化含物,倒,ステロイドまたはそれから誘導される化合物
575
17β位が少なくとも3個の炭素原子を有する炭素鎖によって置換されたもの,例.コラン,コレスタン,エルゴステロール,シトステロール
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36
藻類,地衣類,菌類もしくは植物又はそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤
18
被子植物門
185
モクレン網(双子葉植物)
48
マメ科;ジャケツイバラ科;ネムノキ科;蝶形花亜科
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36
藻類,地衣類,菌類もしくは植物又はそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤
18
被子植物門
185
モクレン網(双子葉植物)
81
ナス科,例.タバコ,イヌホウズキ,トマト,ベラドンナ,トウガラシまたはチョウセンアサガオ
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36
藻類,地衣類,菌類もしくは植物又はそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤
18
被子植物門
88
ユリ綱,即ち,単子葉植物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36
藻類,地衣類,菌類もしくは植物又はそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤
18
被子植物門
88
ユリ綱,即ち,単子葉植物
896
ユリ科,例.ゼンテイカ(ニッコウキスゲ),ギボウシ,ヒヤシンスまたはスイセン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36
藻類,地衣類,菌類もしくは植物又はそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤
18
被子植物門
88
ユリ綱,即ち,単子葉植物
899
イネ科,例.タケ,トウモロコシまたはサトウキビ
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
出願人:
森永乳業株式会社 MORINAGA MILK INDUSTRY CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区芝五丁目33番1号 33-1, Shiba 5-chome, Minato-ku, Tokyo 1088384, JP
発明者:
多田 明日翔 TADA, Asuka; JP
田中 美順 TANAKA, Miyuki; JP
三澤 江里子 MISAWA, Eriko; JP
代理人:
辻田 朋子 TSUJITA, Tomoko; JP
優先権情報:
2017-16624230.08.2017JP
発明の名称: (EN) COMPOSITION FOR RAISING CORE BODY TEMPERATURE
(FR) COMPOSITION POUR AUGMENTER LA TEMPÉRATURE CORPORELLE CENTRALE
(JA) 深部体温上昇用組成物
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing a composition for raising a core body temperature and a food or beverage composition for raising a core body temperature, each of which is safe and has a non-transient core body temperature raising effect. A means for solving the problem is to use at least one compound selected from the group consisting of a lophenol compound and a cyclolanostane compound.
(FR) La présente invention aborde le problème de l'obtention d'une composition pour élever la température corporelle centrale et d'une composition d'aliment ou de boisson pour élever la température corporelle centrale, chacune de ces compositions étant sûre et présentant un effet d'élévation de la température corporelle centrale qui n'est pas temporaire. Un moyen permettant de résoudre le problème est d'utiliser au moins un composé sélectionné dans le groupe constitué par un composé lophénol et un composé cyclolanostane.
(JA) 本発明の課題は、安全であり、かつ一過性ではない深部体温の上昇効果を奏する深部体温上昇用組成物及び、深部体温上昇用飲食品組成物を提供することである。当該課題を解決する手段は、ロフェノール化合物及びシクロラノスタン化合物からなる群から選択される1又は2以上の化合物を使用することである。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)