このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019043875) 高窒素含有天然ガスを用いたアンモニアの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/043875 国際出願番号: PCT/JP2017/031376
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 31.08.2017
IPC:
C01C 1/04 (2006.01) ,C01B 3/38 (2006.01) ,C01B 3/48 (2006.01) ,C01B 3/50 (2006.01)
C 化学;冶金
01
無機化学
C
アンモニア;シアン;それらの化合物
1
アンモニア;その化合物
02
アンモニアの製造または分離
04
合成によるアンモニアの製造
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
3
水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02
水素または水素含有混合ガスの製造
32
ガス化剤,例.水,二酸化炭素,空気,と気体または液体有機化合物との反応によるもの
34
ガス化剤と炭化水素との反応によるもの
38
触媒を用いるもの
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
3
水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02
水素または水素含有混合ガスの製造
32
ガス化剤,例.水,二酸化炭素,空気,と気体または液体有機化合物との反応によるもの
34
ガス化剤と炭化水素との反応によるもの
48
一酸化炭素と水蒸気との反応にしたがうもの
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
3
水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
50
混合ガスからの水素または水素含有ガスの分離,例.精製
出願人:
日揮株式会社 JGC CORPORATION [JP/JP]; 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1 2-3-1, Minato Mirai, Nishi-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2206001, JP
発明者:
川崎 力 KAWASAKI Tsutomu; JP
藤村 靖 FUJIMURA Yasushi; JP
渡邉 嘉之 WATANABE Yoshiyuki; JP
加藤 桃子 KATO Momoko; JP
代理人:
特許業務法人SSINPAT SSINPAT PATENT FIRM; 東京都品川区西五反田七丁目13番6号 五反田山崎ビル6階 Gotanda Yamazaki Bldg. 6F, 13-6, Nishigotanda 7-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1410031, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING AMMONIA BY USING HIGH NITROGEN-CONTAINING NATURAL GAS
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D’AMMONIAC FAISANT INTERVENIR DU GAZ NATUREL À HAUTE TENEUR EN AZOTE
(JA) 高窒素含有天然ガスを用いたアンモニアの製造方法
要約:
(EN) Provided is a novel method for producing ammonia by utilizing a high nitrogen-containing gas which was previously used only for combustion. In this method for producing ammonia, a natural gas (referred to as high nitrogen-containing natural gas) containing nitrogen at a high concentration of at least 4 vol% is used to obtain hydrogen, carbon monoxide, and carbon dioxide from hydrocarbon components in the natural gas by primary reforming with steam, the carbon monoxide and the steam are then converted to hydrogen and carbon dioxide by a shift reaction, and the resultant natural gas containing reduced amounts of carbon monoxide and carbon dioxide is used as an ammonia synthesis feed gas.
(FR) La présente invention concerne un nouveau procédé de production d’ammoniac faisant intervenir un gaz à haute teneur en azote qui a été précédemment utilisé uniquement pour la combustion. Dans ce procédé de production d’ammoniac, un gaz naturel (appelé gaz naturel à haute teneur en azote) contenant de l’azote à une haute concentration d’au moins 4 % en volume est utilisé pour obtenir de l’hydrogène, du monoxyde de carbone, et du dioxyde de carbone à partir de constituants hydrocarbonés dans le gaz naturel par reformage primaire au moyen de vapeur, le monoxyde de carbone et la vapeur sont ensuite convertis en hydrogène et dioxyde de carbone par une réaction de conversion, et le gaz naturel obtenu contenant des quantités réduites de monoxyde de carbone et de dioxyde de carbone est utilisé comme gaz de départ de la synthèse d’ammoniac.
(JA) 燃焼用以外に使用されていなかった高窒素含有天然ガスの新たな活用方法として、アンモニアの製造方法を提供する。 本発明のアンモニアの製造方法では、窒素濃度として4体積%以上の高濃度窒素を含有する天然ガス(高窒素含有天然ガスという)をスチームを用いる一次改質により天然ガス中の炭化水素成分から水素、一酸化炭素、二酸化炭素を得たのち、シフト反応で一酸化炭素とスチームを水素と二酸化炭素に変成した後に、一酸化炭素、および二酸化炭素を低減したものを、アンモニア合成原料ガスとして使用する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)