このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019043778) 硬化性組成物、硬化性ペースト材、硬化性シート材、硬化性型取り材、硬化方法および硬化物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/043778 国際出願番号: PCT/JP2017/030905
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 29.08.2017
IPC:
C08G 59/68 (2006.01) ,C08G 65/18 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
59
1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する重縮合物;エポキシ重縮合物と単官能性低分子量化合物との反応によって得られる高分子化合物;エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する化合物を重合することにより得られる高分子化合物
18
エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含む化合物を重合することにより得られる高分子化合物
68
用いられた触媒に特徴のあるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
65
高分子の主鎖にエーテル連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
02
複素環の開環による環状エーテルからの
04
環状エーテルのみからの
06
環外に炭素および水素以外の原子を有しない環状エーテル
16
4個またはそれ以上の環形成原子を有する環状エーテル
18
オキセタン
出願人:
三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都港区港南二丁目16番5号 16-5, Konan 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1088215, JP
発明者:
林 宣也 HAYASHI Noriya; JP
榊原 敏克 SAKAKIBARA Toshikatsu; JP
小林 祐輔 KOBAYASHI Yusuke; JP
木村 龍也 KIMURA Tatsuya; JP
代理人:
松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi; JP
伊藤 英輔 ITO Eisuke; JP
橋本 宏之 HASHIMOTO Hiroyuki; JP
古都 智 FURUICHI Satoshi; JP
鎌田 康一郎 KAMATA Koichiro; JP
長谷川 太一 HASEGAWA Taichi; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) CURABLE COMPOSITION, CURABLE PASTE MATERIAL, CURABLE SHEET MATERIAL, CURABLE MODELING MATERIAL, CURING METHOD, AND CURED PRODUCT
(FR) COMPOSITION DURCISSABLE, MATÉRIAU DE PÂTE DURCISSABLE, MATÉRIAU DE FEUILLE DURCISSABLE, MATÉRIAU DURCISSABLE DE FABRICATION DE MOULE, PROCÉDÉ DE DURCISSEMENT, ET OBJET DURCI
(JA) 硬化性組成物、硬化性ペースト材、硬化性シート材、硬化性型取り材、硬化方法および硬化物
要約:
(EN) This curable composition includes a cationic polymerizable compound, a thermal polymerization initiator, and a storage stabilizer. The cationic polymerizable compound includes at least two selected from the group consisting of glycidyl ether compounds, alicyclic epoxy compounds, and oxetane compounds. The thermal polymerization initiator content is 0.3-3 parts by mass per 100 parts by mass of the cationic polymerizable compound, and chain curing is possible through the thermal energy generated by the polymerization reaction of the cationic polymerizable compound.
(FR) La composition durcissable de l'invention contient un composé polymérisable par voie cationique, un initiateur de polymérisation thermique et un agent de stabilisation de conservation. Ledit composé polymérisable par voie cationique contient au moins deux composés choisis dans un groupe constitué d'un composé éther glycidylique, d'un composé époxy alicyclique et d'un composé oxétane. La teneur en initiateur de polymérisation thermique est comprise entre 0,3 et 3 parties en masse pour 100 parties en masse dudit composé polymérisable par voie cationique. Un durcissement par réaction en chaîne est possible sous l'effet d'une énergie thermique générée par réaction de polymérisation dudit composé polymérisable par voie cationique.
(JA) 本発明の硬化性組成物は、カチオン重合性化合物と、熱重合開始剤と、保存安定剤とを含み、前記カチオン重合性化合物が、グリシジルエーテル化合物、脂環式エポキシ化合物、およびオキセタン化合物からなる群から選ばれる少なくとも2種を含み、前記熱重合開始剤の含有量が、前記カチオン重合性化合物100質量部に対して0.3~3質量部であり、前記カチオン重合性化合物の重合反応により発生した熱エネルギーにより連鎖硬化可能である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)