このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019043451) n型半導体として使用可能な化合物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/043451 国際出願番号: PCT/IB2018/000977
国際公開日: 07.03.2019 国際出願日: 03.09.2018
IPC:
C08G 61/12 (2006.01) ,C07D 519/00 (2006.01) ,H01L 51/46 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
61
高分子の主鎖に炭素―炭素連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
12
高分子の主鎖に炭素以外の原子を含む高分子化合物
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
519
相互に,または共有している炭素環系を介して縮合した2個以上の関連する複素環からなる2個以上の系を含有し,453/00から455/00に属さない複素環式化合物
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
51
能動部分として有機材料を用い,または能動部分として有機材料と他の材料との組み合わせを用いる固体装置;このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
42
赤外線,可視光,短波長の電磁波,または粒子線輻射に感応に特に適用されるもの;輻射線エネルギーを電気的エネルギーに変換するか,またはこれらの輻射線によって電気的エネルギーを制御するかのどちらかに特に適用されるもの
46
材料の選択
出願人:
東洋紡株式会社 TOYOBO CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区堂島浜二丁目2番8号 2-8, Dojima Hama 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi Osaka 5308230, JP
国立大学法人京都大学 KYOTO UNIVERSITY [JP/JP]; 京都府京都市左京区吉田本町36番地1 36-1, Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto-shi Kyoto 6068501, JP
発明者:
若宮淳志 WAKAMIYA, Atsushi; JP
倉田崇 KURATA, Takashi; JP
今西良樹 IMANISHI, Yoshiki; JP
田中光 TANAKA, Hikaru; JP
萩谷一号 HAGIYA, Kazutake; JP
代理人:
特許業務法人アスフィ国際特許事務所 USFI PATENT ATTORNEYS INTERNATIONAL OFFICE; 大阪府大阪市北区堂島2丁目1番16号 フジタ東洋紡ビル9階 Fujijta-Toyobo Building 9th floor 1-16, Dojima 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi Osaka 530003, JP
優先権情報:
2017-16791731.08.2017JP
発明の名称: (EN) COMPOUND USABLE AS N-TYPE SEMICONDUCTOR
(FR) COMPOSÉ POUVANT ÊTRE UTILISÉ COMME SEMI-CONDUCTEUR DE TYPE N
(JA) n型半導体として使用可能な化合物
要約:
(EN) A compound characterized by comprising at least one of each of a first divalent organic group represented by formula (1), and a second divalent organic group selected from formula (2a) and formula (2b), wherein the first divalent organic group and the second divalent organic group are aligned in an alternating manner.
(FR) L'invention concerne un composé caractérisé en ce qu'il comprend au moins l'un de chacun parmi un premier groupe organique bivalent représenté par la formule (1) et un deuxième groupe organique bivalent choisi parmi la formule (2a) et la formule (2b), le premier groupe organique bivalent et le deuxième groupe organique bivalent étant alignés de manière alternée.
(JA) 式(1)で表される第1の2価の有機基と、式(2a)及び式(2b)から選ばれる第2の2価の有機基とをそれぞれ1つ以上有し、かつ第1の2価の有機基と第2の2価の有機基が交互に並ぶことを特徴とする化合物。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)