このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039602) タンパク質、及び当該タンパク質を含む担体を用いる抗体又はその断片の単離方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039602 国際出願番号: PCT/JP2018/031432
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 24.08.2018
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,C07K 1/22 (2006.01) ,C07K 14/31 (2006.01) ,C07K 17/02 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,G01N 30/88 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
1
ペプチドの製造のための一般方法
14
抽出;分離;精製
16
クロマトグラフィーによるもの
22
アフィニティー・クロマトグラフィー,または選択的吸着プロセスに基づく関連技術
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
195
細菌から
305
ミクロコッカス(F)から
31
ブドウ球菌(G)から
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
17
担体結合または固定化されたペプチド;その調製
02
有機担体上または内部に固定化されたペプチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
30
吸着,吸収もしくは類似現象,またはイオン交換,例.クロマトグラフィ,を用いる成分分離による材料の調査または分析
02
カラムクロマトグラフィ
88
グループ30/04から30/86のうちの1つに含まれないもので,カラムクロマトグラフィに特に用いられる統合的分析
出願人:
JSR株式会社 JSR CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区東新橋一丁目9番2号 9-2, Higashi-Shinbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1058640, JP
JSRライフサイエンス株式会社 JSR LIFE SCIENCES CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区東新橋一丁目9番2号 9-2, Higashi-Shinbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1058640, JP
ジェイエスアール マイクロ インコーポレイテッド JSR MICRO INC. [US/US]; カリフォルニア州サニーベール ノース マシルダ アベニュー1280 1280, North Mathilda Ave., Sunnyvale, California 94089, US
ジェイエスアール マイクロ エヌ.ブイ. JSR MICRO N.V. [BE/BE]; ルーヴェン テクノロジーラーン 8 Technologielaan 8, Leuven 3001, BE
発明者:
市居 敬 ICHII, Takashi; JP
金原 雅晃 KANAHARA, Masaaki; JP
芳賀 智亮 HAGA, Tomoaki; JP
代理人:
特許業務法人アルガ特許事務所 THE PATENT CORPORATE BODY ARUGA PATENT OFFICE; 東京都中央区日本橋人形町1丁目3番8号 沢の鶴人形町ビル Sawanotsuru Ningyocho Bldg., 1-3-8, Nihonbashi Ningyocho, Chuo-ku, Tokyo 1030013, JP
優先権情報:
2017-16084024.08.2017JP
発明の名称: (EN) PROTEIN, AND ISOLATION METHOD FOR ANTIBODIES OR FRAGMENTS THEREOF USING CARRIER INCLUDING SAID PROTEIN
(FR) PROTÉINE, ET PROCÉDÉ D'ISOLATION D'ANTICORPS OU DE FRAGMENT DE CELUI-CI METTANT EN ŒUVRE UN SUPPORT CONTENANT CETTE PROTÉINE
(JA) タンパク質、及び当該タンパク質を含む担体を用いる抗体又はその断片の単離方法
要約:
(EN) Provided is a carrier for affinity chromatography having high immunoglobulin purification efficiency. This protein contains two or more domains linked together by a linker. The domains have affinity to immunoglobulins. The linker is a peptide having a rod-shaped structure, or the linker includes (a) a linker comprising a polypeptide containing at least one proline and/or (b) a linker comprising a polypeptide including at least one peptide unit comprising Xa-(A)i-Xb or Xb-(A)i-Xa (where Xa represents an acidic amino acid, Xb represents a basic amino acid, A represents alanine, and i represents an integer of 3 or 4).
(FR) L'invention fournit un support pour chromatographie d'affinité à taux de purification d'immunoglobuline élevé. Plus précisément, l'invention concerne une protéine contenant au moins deux domaines reliés par un lieur. Ce domaine présente une affinité vis-à-vis de l'immunoglobuline. Soit le lieur consiste en un peptide possédant une structure en forme de tige, soit le lieur inclut un lieur (a) constitué d'un polypeptide contenant au moins une proline, et/ou un lieur (b) constitué d'un polypeptide contenant au moins une unité peptide constituée de X-(A)-X ou X-(A)-X (X représente un acide aminé acide, X représente un acide aminé basique, A représente une alanine, i représente le nombre entier 3 ou 4).
(JA) イムノグロブリン精製効率の高いアフィニティークロマトグラフィー用担体の提供。リンカーで連結された2個以上のドメインを含むタンパク質。該ドメインはイムノグロブリンに対する親和性を有する。該リンカーは、ロッド状構造を有するペプチドであるか、あるいは、該リンカーは、少なくとも1個のプロリンを含むポリペプチドからなるリンカー(a)、及びX-(A)-X又はX-(A)-Xからなるペプチド単位を少なくとも1個含むポリペプチドからなるリンカー(b)(但し、Xは酸性アミノ酸であり、Xは塩基性アミノ酸であり、Aはアラニンであり、iは3又は4の整数である)の少なくとも一方を含む。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)