このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039592) 曲げ加工装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039592 国際出願番号: PCT/JP2018/031370
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 24.08.2018
IPC:
B21D 7/024 (2006.01) ,B21D 7/025 (2006.01) ,B21D 43/00 (2006.01) ,B21D 43/12 (2006.01) ,B25J 13/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
7
棒,プロフィル,または管の曲げ
02
静止した成形部材上でのもの;揺動する成形部材またはアバットメントの使用によるもの
024
揺動成形部材によるもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
7
棒,プロフィル,または管の曲げ
02
静止した成形部材上でのもの;揺動する成形部材またはアバットメントの使用によるもの
024
揺動成形部材によるもの
025
そして被加工物の端を引いたり押したりするもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
43
金属板,金属管または金属プロフィルを加工または処理するための装置内に組み込まれあるいはその中に配置され,あるいは関連して使用するために特に適応された給送,位置決め,または貯蔵装置;切断装置との組合せ(工具と協働する切断装置は,工具の適切なグループを参照)
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
43
金属板,金属管または金属プロフィルを加工または処理するための装置内に組み込まれあるいはその中に配置され,あるいは関連して使用するために特に適応された給送,位置決め,または貯蔵装置;切断装置との組合せ(工具と協働する切断装置は,工具の適切なグループを参照)
02
ダイスまたは工具のストロークと関連した被加工物の送り
04
被加工物に対して機械的に係合する手段によるもの
12
チェーンまたはベルトによるもの
B 処理操作;運輸
25
手工具;可搬型動力工具;手工具用の柄;作業場設備;マニプレータ
J
マニプレータ;マニプレータ装置を持つ小室
13
マニプレータの制御
出願人:
株式会社オプトン OPTON CO., LTD. [JP/JP]; 愛知県瀬戸市暁町3番地24 3-24, Akatsuki-cho, Seto-shi, Aichi 4898645, JP
発明者:
與語 照明 YOGO, Teruaki; JP
代理人:
名古屋国際特許業務法人 NAGOYA INTERNATIONAL PATENT FIRM; 愛知県名古屋市中区錦一丁目20番19号 名神ビル Meishin Bldg., 20-19, Nishiki 1-chome, Naka-ku, Nagoya-shi, Aichi 4600003, JP
優先権情報:
2017-16264325.08.2017JP
発明の名称: (EN) BENDING MACHINE
(FR) PRESSE-PLIEUSE
(JA) 曲げ加工装置
要約:
(EN) This bending machine is provided with a first track device and a second track device that are positioned in parallel so as to extend linearly in parallel to each other. A first base and a first robot can move on the first track device, and a second base and a second robot can move on the second track device. Each of the first robot and the second robot is an articulated robot. A first bending mechanism and a second bending mechanism, which grip a workpiece and perform bending work, are respectively positioned at one end of the first robot and one end of the second robot. A workpiece supply device, which supplies workpieces, is provided at a position on one end-side in the direction in which the first track device and the second track device extend, said position being a position that can be reached by at least one of the first bending mechanism and the second bending mechanism. The workpiece supply device is configured so as to supply workpieces such that the length direction of the workpieces is orthogonal to the direction in which the first track device and the second track device extend.
(FR) La présente invention concerne une presse-plieuse pourvue d'un premier dispositif de rail et d'un second dispositif de rail qui sont positionnés en parallèle de façon à être linéairement parallèles l'un par rapport à l'autre. Une première base et un premier robot peuvent se déplacer sur le premier dispositif de rail et une seconde base et un second robot peuvent se déplacer sur le second dispositif de rail. Le premier robot et le second robot sont des robots articulés. Un premier mécanisme de pliage et un second mécanisme de pliage, qui saisissent une pièce et réalisent un travail de pliage, sont respectivement positionnés à une extrémité du premier robot et à une extrémité du second robot. Un dispositif d'alimentation de pièces, qui fournit des pièces, est disposé dans une position sur un côté d'extrémité dans la direction dans laquelle s'étendent le premier dispositif de rail et le second dispositif de rail, ladite position étant une position qui peut être atteinte par le premier mécanisme de pliage et/ou le second mécanisme de pliage. Le dispositif d'alimentation de pièces est conçu de façon à fournir des pièces de telle sorte que la direction de longueur des pièces soit orthogonale à la direction dans laquelle s'étendent le premier dispositif de rail et le second dispositif de rail.
(JA) 曲げ加工装置は、互いに平行な直線状に伸びるように並列配置された第1軌道装置及び第2軌道装置を備える。第1基台及び第1ロボットは第1軌道装置上を移動可能であり、第2基台及び第2ロボットは第2軌道装置上を移動可能である。第1ロボット及び第2ロボットのそれぞれは多関節ロボットであり、被加工物の把持及び曲げ加工を行う第1曲げ機構及び第2曲げ機構が、第1ロボットの一端及び第2ロボットの一端にそれぞれ配置される。被加工物を供給する被加工物供給装置は、第1軌道装置及び第2軌道装置が伸びる方向の一端側の位置であって、第1曲げ機構及び第2曲げ機構の少なくとも一方が到達可能な位置に設けられ、被加工物の長尺方向が第1軌道装置及び第2軌道装置が伸びる方向と直交するように、被加工物を供給するように構成される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)