このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039554) 過給システム付き予混合圧縮着火式エンジン
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039554 国際出願番号: PCT/JP2018/031185
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 23.08.2018
IPC:
F02D 41/02 (2006.01) ,F02B 11/00 (2006.01) ,F02B 23/02 (2006.01) ,F02B 23/10 (2006.01) ,F02D 13/02 (2006.01) ,F02D 21/08 (2006.01) ,F02D 23/00 (2006.01) ,F02D 43/00 (2006.01) ,F02M 26/22 (2016.01) ,F02P 5/04 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
41
燃焼可能な混合気またはその成分の供給の電気的制御
02
制御信号を発生する回路装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
11
燃料-空気混合気の圧縮および空気圧縮の両方に特徴のある機関、あるいは外部式点火および圧縮点火の両方に特徴のある機関,例.別々のシリンダ内におけるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
23
作動改善のための燃焼室の特殊な形状または構造に特徴があるその他の機関
02
圧縮点火によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
23
作動改善のための燃焼室の特殊な形状または構造に特徴があるその他の機関
08
外部点火方式をもつもの
10
シリンダ内に空気および燃料が別々に吸入されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
13
吸気または排気弁の作動特性,例.タイミング,の変更による機関出力の制御
02
機関運転中のもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
21
空気中のものでない酸素またはその他の燃料でない気体が供給されることを特徴とする機関の制御
06
燃焼空気に他の燃料でない気体が添加される機関に特有のもの
08
機関の排気ガスが添加されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
23
過給されることを特徴とする機関の制御
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
43
2つ以上の機能,例.点火,燃料―空気の混合,再循環,過給,排気ガス処理,の結合した電気的制御
[IPC code unknown for F02M 26/22]
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
P
内燃機関の点火で圧縮点火以外のもの;圧縮点火機関の点火時期の試験
5
電気点火火花の進めまたは遅延;そのための制御
04
機関または車両の作動状態もしくは大気の状態の関数として,自動的なもの
出願人:
マツダ株式会社 MAZDA MOTOR CORPORATION [JP/JP]; 広島県安芸郡府中町新地3番1号 3-1, Shinchi, Fuchu-cho, Aki-gun, Hiroshima 7308670, JP
発明者:
井上 淳 INOUE Atsushi; JP
末岡 賢也 SUEOKA Masanari; JP
河合 佑介 KAWAI Yusuke; JP
近田 哲也 CHIKADA Tetsuya; JP
代理人:
特許業務法人前田特許事務所 MAEDA & PARTNERS; 大阪府大阪市北区堂島浜1丁目2番1号 新ダイビル23階 Shin-Daibiru Bldg. 23F, 2-1, Dojimahama 1-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300004, JP
優先権情報:
2017-16286025.08.2017JP
2017-16286125.08.2017JP
発明の名称: (EN) PREMIXED COMPRESSION IGNITION TYPE ENGINE WITH SUPERCHARGING SYSTEM
(FR) MOTEUR DE TYPE À ALLUMAGE PAR COMPRESSION PRÉMÉLANGÉE AVEC SYSTÈME DE SURALIMENTATION
(JA) 過給システム付き予混合圧縮着火式エンジン
要約:
(EN) When a geometric compression ratio of an engine body (2) is set to 13 or more and the engine body is operating in a preset high load region, an effective compression ratio of the engine body is set to 12 or more and within a range having a difference of 2 or less relative to the geometric compression ratio, gas to be introduced into a combustion chamber (17) is supercharged by a supercharging system (49), fuel is injected in at least a compression stroke by an injector (6), and after fuel injection is complete and before compression top dead center, the air-fuel mixture in the combustion chamber is ignited by an ignition plug (25), thereby causing non-combusted air-fuel mixture to combust in the engine body by means of compression ignition after the air-fuel mixture has been caused to combust by flame propagation.
(FR) L'invention concerne un moteur dans lequel, lorsqu'un taux de compression géométrique d'un corps de moteur (2) est réglé à 13 ou plus et que le corps de moteur fonctionne sous une charge élevée prédéfinie, un taux de compression efficace du corps de moteur est réglé sur 12 ou plus et dans une plage présentant une différence égale ou inférieure à 2 par rapport au taux de compression géométrique, le gaz à introduire dans la chambre de combustion (17) est surcomprimé par un système de surcompression (49), du carburant est injecté pendant au moins une course de compression par un injecteur (6), et une fois l'injection de carburant terminée et avant le point mort haut de compression, le mélange air-carburant dans la chambre de combustion est enflammé par une bougie d'allumage (25), ce qui amène le mélange air-carburant non brûlé à brûler dans le corps de moteur par allumage par compression une fois que le mélange air-carburant a été amené à brûler par propagation de flamme.
(JA) エンジン本体(2)の幾何学的圧縮比を13以上に設定し、エンジン本体が予め設定された高負荷領域において運転するときに、エンジン本体の有効圧縮比を12以上で且つ幾何学的圧縮比に対して2以内の差にある範囲とし、過給システム(49)により燃焼室(17)内に導入されるガスを過給すると共に、インジェクタ(6)により少なくとも圧縮行程に燃料を噴射し、且つ、燃料噴射の終了後で且つ圧縮上死点よりも前に点火プラグ(25)により燃焼室内の混合気に点火することを以て、エンジン本体において、混合気を火炎伝播により燃焼させた後に、未燃混合気を圧縮着火により燃焼させる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)