このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039544) クリック官能基をもつε-ポリ-L-リジン誘導体、その製法、及びその用途
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039544 国際出願番号: PCT/JP2018/031153
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 23.08.2018
IPC:
C07K 5/037 (2006.01) ,A61K 31/704 (2006.01) ,A61K 31/7048 (2006.01) ,A61K 47/64 (2017.01) ,A61P 31/04 (2006.01) ,A61P 31/10 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,C07K 5/068 (2006.01) ,C07K 5/09 (2006.01) ,C07K 5/11 (2006.01) ,C07K 7/00 (2006.01) ,C07K 14/00 (2006.01) ,C08G 69/26 (2006.01) ,C12P 13/04 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
5
確定された配列をもつ,4個以下のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
02
擬ペプチド結合を少なくとも1個含有するもの
037
擬ペプチド結合がα-アミノ酸の側鎖により形成されているもの,例.γ-Glu,ε-Lys,グルタチオン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7028
グリコシド結合により,糖類でない化合物と結合した糖類基を持つ化合物
7034
炭素環と結合したもの,例.フロリジン
704
縮合炭素環系に結合したもの,例.センノシド,チオコルチコシド,エスシン,ダウノルビシン,ジギトキシン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7042
糖類基と複素環とを持つ化合物
7048
環構成異種原子として酸素原子を持つもの,例.ロイコグルコサン,へスペリジン,エリスロマイシン,ナイスタチン
[IPC code unknown for A61K 47/64]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
31
抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤
04
抗菌剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
31
抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤
10
抗真菌剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
5
確定された配列をもつ,4個以下のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有するもの
06
ジペプチド
068
第一アミノ酸の側鎖がカルボキシル基よりも多くのアミノ基を含有しているもの,またはその誘導体,例.Lys,Arg
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
5
確定された配列をもつ,4個以下のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有するもの
08
トリペプチド
09
第一アミノ酸の側鎖がカルボキシル基よりも多くのアミノ基を含有しているもの,またはその誘導体,例.Lys,Arg
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
5
確定された配列をもつ,4個以下のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有するもの
10
テトラペプチド
11
第一アミノ酸の側鎖がカルボキシル基よりも多くのアミノ基を含有しているもの,またはその誘導体,例.Lys,Arg
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
7
確定された配列をもつ,5から20個のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
69
高分子の主鎖にカルボン酸アミド連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
02
アミノカルボン酸からまたはポリアミンおよびポリカルボン酸から誘導されるポリアミド
26
ポリアミンおよびポリカルボン酸から誘導されるもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
13
窒素原子を含む有機化合物の製造
04
α―またはβ―アミノ酸
出願人:
公立大学法人福井県立大学 FUKUI PREFECTURAL UNIVERSITY [JP/JP]; 福井県吉田郡永平寺町松岡兼定島4-1-1 4-1-1, Matsuoka Kenjojima, Eiheiji-cho, Yoshida-gun, Fukui 9101195, JP
発明者:
濱野 吉十 HAMANO, Yoshimitsu; JP
牛丸 和乗 USHIMARU, Kazunori; JP
代理人:
岩谷 龍 IWATANI, Ryo; JP
優先権情報:
2017-15984823.08.2017JP
2017-15984923.08.2017JP
発明の名称: (EN) ε-POLY-L-LYSINE DERIVATIVE HAVING CLICK FUNCTIONAL GROUP, METHOD FOR PRODUCING SAME, AND USE THEREOF
(FR) GROUPE FONCTIONNEL CLIC AYANT UN DÉRIVÉ DE ε-POLY-L-LYSINE, PROCÉDÉ DE PRODUCTION ASSOCIÉ, ET UTILISATION ASSOCIÉE
(JA) クリック官能基をもつε-ポリ-L-リジン誘導体、その製法、及びその用途
要約:
(EN) The present invention provides: a compound having a structure represented by general formula (1) (in the formula, n is 2-100, P represents a (C1-C5) alkylene group substituted with one amino group, Q is general formula (2) (in general formula (2), X represents an oxygen atom, Y1 and Y2 represent (C1-C6) alkylene groups, and m is an integer of 1-30), and Z represents a click functional group) or a salt thereof; and a pharmacologically active substance in which the compound or the salt thereof has been incorporated into a pharmacologically active substance by chemical bonding, and in which biomembrane permeability and water solubility are both improved.
(FR) La présente invention concerne : un composé ayant une structure représentée par la formule générale (1) (dans la formule, n est compris entre 2 et 100, P représente un groupe alkylène en C1-C5 substitué par un groupe amino, Q est la formule générale (2) (dans la formule générale (2), X représente un atome d'oxygène, Y1 et Y2 représentent des groupes alkylène en C1-C6, et m est un nombre entier de 1 à 30), et Z représente un groupe fonctionnel clic) ou un sel de celui-ci ; et une substance pharmacologiquement active dans laquelle le composé ou son sel a été incorporé dans une substance pharmacologiquement active par liaison chimique, et la perméabilité de la biomembrane et la solubilité dans l'eau étant toutes les deux améliorées.
(JA) 本発明は、一般式(1)(式中、nは2乃至100であり;Pは、1のアミノ基で置換されている(C-C)アルキレン基を表し;Qは、下記一般式(2)(上記一般式(2)において、Xは、酸素原子を表し、Y及びYは、炭素数1乃至6のアルキレン基を表し、mは1乃至30の整数である。)であり;Zは、クリック官能基を表す。)で表される構造を有する化合物又はその塩、及び薬理作用物質に上記化合物又はその塩を化学結合により導入した、生体膜透過性と水溶性が一挙に改善された薬理活性物質を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)