このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039417) ヌクレオチド標的認識を利用した標的配列特異的改変技術
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039417 国際出願番号: PCT/JP2018/030607
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 20.08.2018
予備審査請求日: 08.01.2019
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,C12N 15/113 (2010.01) ,C12N 15/63 (2006.01) ,C07K 14/195 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
113
遺伝子の発現を調節する非コード核酸、例.アンチセンスオリゴヌクレオチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
63
ベクターを用いた外来遺伝物質の導入;ベクター;そのための宿主の使用;発現の制御
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
195
細菌から
出願人:
国立大学法人徳島大学 TOKUSHIMA UNIVERSITY [JP/JP]; 徳島県徳島市新蔵町2丁目24番地 2-24, Shinkura-cho, Tokushima-shi, Tokushima 7708501, JP
発明者:
刑部 敬史 OSAKABE, Keishi; JP
刑部 祐里子 OSAKABE, Yuriko; JP
代理人:
山尾 憲人 YAMAO, Norihito; JP
冨田 憲史 TOMITA, Kenji; JP
笹倉 真奈美 SASAKURA, Manami; JP
優先権情報:
2017-15887621.08.2017JP
2017-23651808.12.2017JP
発明の名称: (EN) TARGET SEQUENCE SPECIFIC ALTERATION TECHNOLOGY USING NUCLEOTIDE TARGET RECOGNITION
(FR) TECHNOLOGIE DE MODIFICATION SPÉCIFIQUE DE SÉQUENCE CIBLE À L'AIDE D'UNE RECONNAISSANCE DE CIBLE NUCLÉOTIDIQUE
(JA) ヌクレオチド標的認識を利用した標的配列特異的改変技術
要約:
(EN) Provided is a method for targeting a target nucleotide sequence. The method includes introducing, into a cell: (i) CRISPR type I-D related proteins Cas5d, Cas6d, and Cas7d, or nucleic acids encoding these proteins; and (ii) a guide RNA which includes a sequence complementary to said target nucleotide sequence and a common repetitive sequence derived from CRISPR gene locus before and after said complementary sequence, or a DNA encoding said guide RNA.
(FR) L'invention concerne un procédé pour cibler une séquence nucléotidique cible. Le procédé comprend l'introduction, dans une cellule : (i) de protéines associées à CRISPR de type I-D Cas5d, Cas6d et Cas7d ou d'acides nucléiques codant pour ces protéines ; et (ii) d'un ARN guide qui comprend une séquence complémentaire de ladite séquence nucléotidique cible et une séquence répétitive commune dérivée du locus du gène CRISPR avant et après ladite séquence complémentaire ou d'un ADN codant pour ledit ARN guide.
(JA) 標的ヌクレオチド配列を標的化する方法であって、細胞中に、(i)CRISPRタイプI-D関連タンパク質Cas5d、Cas6d、およびCas7d、またはこれらのタンパク質をコードする核酸、および(ii)前記標的ヌクレオチド配列に相補的な配列および該配列の前後にCRISPR遺伝子座に由来する共通繰り返し配列を含むガイドRNA、または該ガイドRNAをコードするDNAを導入することを含む方法等が提供される。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)