このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039333) サイドエアバッグ装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039333 国際出願番号: PCT/JP2018/030136
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 10.08.2018
IPC:
B60R 21/207 (2006.01) ,B60N 2/427 (2006.01) ,B60R 21/2338 (2011.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
02
乗員安全装置又は部品
16
衝突時に膨張するように設計された膨張可能な乗員拘束又は抑制装置,例.エアバッグ
20
膨張可能な部材を不使用時又は収縮時保管するための装置;エアバッグモジュール若しくはその構成部品の配置又はそれらの取付
207
車両用シートにおけるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
N
他に分類されない乗客設備(家具構造A47)
2
特に車両に適した座席;車両における座席の配置または取付け
24
特殊な目的または特殊な乗物のためのもの
42
異常加速度による影響から乗っている人間を保護するよう,特に設計された座席,例.安全座席
427
衝突の際に取り替えられる座席またはその部品
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
02
乗員安全装置又は部品
16
衝突時に膨張するように設計された膨張可能な乗員拘束又は抑制装置,例.エアバッグ
23
膨張可能な部材
231
その形状,構造又は空間配置に特徴のあるもの
2334
形状調整されるもの
2338
テザーを用いるもの
出願人:
オートリブ ディベロップメント エービー AUTOLIV DEVELOPMENT AB [SE/SE]; エスイー-447 83 ボールゴーダ SE-447 83 Vargarda, SE (AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BE, BF, BG, BH, BJ, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CF, CG, CH, CI, CL, CM, CN, CO, CR, CU, CY, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, FR, GA, GB, GD, GE, GH, GM, GN, GQ, GR, GT, GW, HN, HR, HU, ID, IE, IL, IN, IR, IS, IT, JO, JP, KE, KG, KH, KM, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MC, MD, ME, MG, MK, ML, MN, MR, MT, MW, MX, MY, MZ, NA, NE, NG, NI, NL, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SI, SK, SL, SM, SN, ST, SV, SY, SZ, TD, TG, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW)
夫馬 真 FUMA, Makoto [JP/JP]; JP (US)
中島 豊 NAKAJIMA, Yutaka [JP/JP]; JP (US)
山田 喜大 YAMADA, Yoshihiro [JP/JP]; JP (US)
小林 優斗 KOBAYASHI, Yuto [JP/JP]; JP
貝原 正明 KAIBARA, Masaaki [JP/JP]; JP (US)
発明者:
夫馬 真 FUMA, Makoto; JP
中島 豊 NAKAJIMA, Yutaka; JP
山田 喜大 YAMADA, Yoshihiro; JP
小林 優斗 KOBAYASHI, Yuto; JP
貝原 正明 KAIBARA, Masaaki; JP
代理人:
鈴木 大介 SUZUKI, Daisuke; JP
優先権情報:
2017-15956322.08.2017JP
発明の名称: (EN) SIDE AIRBAG DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE SAC GONFLABLE LATÉRAL
(JA) サイドエアバッグ装置
要約:
(EN) [Problem] To provide a side airbag in which a cushion does not easily collapse after inflation and deployment and which can protect the head of an occupant more completely. [Solution] This side airbag device 100 is characterized by being provided with: a pocket-shaped cushion 120 which is provided on a side portion of a seat back 106 of a vehicular seat 104 and is inflated and deployed toward a side portion of the occupant on the vehicular seat by using gas supplied from an inflator 122, wherein the cushion includes a patch 128 which contacts the ceiling 130 of a vehicle 102 during inflation and deployment, and the friction coefficient of the patch is higher than the friction coefficients of the remaining portions, excluding the patch, on the surface of the cushion.
(FR) Le problème décrit par la présente invention consiste à fournir un sac gonflable latéral dans lequel un coussin ne s'affaisse pas facilement après le gonflage et le déploiement et qui peut protéger la tête d'un occupant de manière plus complète. La solution selon l'invention porte sur un dispositif de sac gonflable latéral (100) qui est caractérisé en ce qu'il est pourvu: d'un coussin en forme de poche (120) qui est disposé sur une partie latérale d'un dossier de siège (106) d'un siège de véhicule (104) et qui est gonflé et déployé vers une partie latérale de l'occupant sur le siège de véhicule à l'aide de gaz fourni par un gonfleur (122), le coussin comprenant un patch (128) qui entre en contact avec le plafond (130) d'un véhicule (102) pendant le gonflage et le déploiement, et le coefficient de frottement du patch est supérieur aux coefficients de frottement des parties restantes, à l'exclusion du patch, sur la surface du coussin.
(JA) 【課題】膨張展開後のクッションが倒れ難くなり、乗員の頭部をより十全に保護できるサイドエアバッグ装置を提供することを目的とする。 【解決手段】サイドエアバッグ装置100は、車両用シート104のシートバック106の側部に設けられ、インフレータ122から供給されるガスを利用して車両用シートの乗員の側方へ膨張展開する袋状のクッション120を備えるサイドエアバッグ装置において、クッションは、膨張展開時に車両102の天井130に接触する接触部としてのパッチ128を含み、パッチの摩擦係数は、クッションの表面のうちパッチを除く箇所の摩擦係数よりも高いことを特徴とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)