このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039306) 剥離検知ラベル
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039306 国際出願番号: PCT/JP2018/029969
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 09.08.2018
IPC:
G09F 3/03 (2006.01) ,B32B 7/06 (2006.01) ,B32B 27/00 (2006.01) ,C09J 11/02 (2006.01) ,C09J 133/00 (2006.01) ,C09J 167/00 (2006.01) ,C09J 175/04 (2006.01) ,C09J 175/14 (2006.01) ,C09J 201/00 (2006.01) ,G09F 3/10 (2006.01)
G 物理学
09
教育;暗号方法;表示;広告;シール
F
表示;広告;サイン;ラベルまたはネームプレート;シール
3
ラベル,タッグチケット,またはこれらに類する認識もしくは指示手段;シール;切手またはそれに類するスタンプ
02
形状または構造
03
封かんの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
7
層間の関係を特徴とする積層体,すなわち本質的に異なる物理的性質を有する層または層の相互連続を特徴とする積層体
04
層の結合を特徴とするもの
06
容易に分離できるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11
グループ9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02
非高分子添加剤
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
133
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪酸がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
167
主鎖にカルボン酸エステル結合を形成する反応によって得られるポリエステルに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04
ポリウレタン
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04
ポリウレタン
14
炭素―炭素不飽和結合をもつポリウレタン
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
201
不特定の高分子化合物に基づく接着剤
G 物理学
09
教育;暗号方法;表示;広告;シール
F
表示;広告;サイン;ラベルまたはネームプレート;シール
3
ラベル,タッグチケット,またはこれらに類する認識もしくは指示手段;シール;切手またはそれに類するスタンプ
08
ラベル自体の材料を用いないで取付けまたは固着するもの
10
粘着層によるもの
出願人:
リンテック株式会社 LINTEC CORPORATION [JP/JP]; 東京都板橋区本町23番23号 23-23, Honcho, Itabashi-ku, Tokyo 1730001, JP
発明者:
土渕 晃司 TSUCHIBUCHI, Koji; JP
網野 由美子 AMINO, Yumiko; JP
天野 泰之 AMANO, Yasuyuki; JP
山本 貴司 YAMAMOTO, Takashi; JP
代理人:
大谷 保 OHTANI, Tamotsu; JP
有永 俊 ARINAGA, Shun; JP
優先権情報:
2017-15884521.08.2017JP
発明の名称: (EN) PEEL DETECTION LABEL
(FR) ÉTIQUETTE À DÉTECTION DE DÉCOLLEMENT
(JA) 剥離検知ラベル
要約:
(EN) The present invention pertains to a peel detection label which is a laminate constituted by laminating a support body, a pattern layer formed on a part of the surface of the support body, and an adhesive laminate having at least an adhesive layer (X) and a base material layer (Y), in that order, and satisfies the condition (1) below, wherein the elastic modulus of the base material layer (Y) is at least 10 MPa and no more than 800 MPa. Condition (1): Interfacial separation occurs between the support body and the pattern layer when peeling the peel detection label from an adherend after bonding the peel detection label to the adherend, thereby enabling visual detection of whether the peel detection label was separated from the adherend or not.
(FR) La présente invention concerne une étiquette à détection de décollement qui est un stratifié constitué par stratification d'un corps de support, d'une couche de motif formée sur une partie de la surface du corps de support, et d'un stratifié adhésif ayant au moins une couche adhésive (X) et une couche de matériau de base (Y), dans cet ordre, et satisfait la condition (1) ci-dessous, le module d'élasticité de la couche de matériau de base (Y) étant d'au moins 10 MPa et ne dépassant pas 800 MPa. Condition (1) : Une séparation interfaciale se produit entre le corps de support et la couche de motif lors du décollement de l'étiquette à détection de décollement à partir d'une partie adhérée après le collage de l'étiquette à détection de décollement sur la partie adhérée, permettant ainsi une détection visuelle du point de savoir si l'étiquette à détection de décollement a ou non été séparée de la partie adhérée.
(JA) 支持体と、前記支持体の表面の一部に形成されたパターン層と、少なくとも粘着剤層(X)及び基材層(Y)を有する粘着性積層体とをこの順で積層した、下記要件(1)を満たす積層体であって、基材層(Y)の弾性率が、10MPa以上800MPa以下である、剥離検知ラベルに関する。 要件(1):前記剥離検知ラベルを被着体に貼付後、当該被着体から剥離する際に、前記支持体と前記パターン層との間で界面剥離が生じることにより、視覚的に前記剥離検知ラベルの被着体からの剥離有無が検知可能となる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)