このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039265) 含フッ素エーテル化合物、磁気記録媒体用潤滑剤および磁気記録媒体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039265 国際出願番号: PCT/JP2018/029568
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 07.08.2018
IPC:
C07C 235/06 (2006.01) ,C07D 333/16 (2006.01) ,C08G 65/333 (2006.01) ,C10M 105/54 (2006.01) ,C10M 107/38 (2006.01) ,G11B 5/725 (2006.01) ,C10N 20/04 (2006.01) ,C10N 30/06 (2006.01) ,C10N 40/18 (2006.01) ,C10N 50/02 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
235
酸部分の炭素骨格がさらに酸素原子で置換されているカルボン酸アミド
02
カルボン酸アミド基の炭素原子が非環式炭素原子に結合し,それと同じ炭素骨格に単結合の酸素原子が結合しているもの
04
炭素骨格が非環式で飽和のもの
06
カルボン酸アミド基の窒素原子が水素原子または非環式炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
333
異項原子として1個の硫黄原子のみをもつ5員環を含有する複素環式化合物
02
他の環と縮合していないもの
04
環の硫黄原子が置換されていないもの
06
環の炭素原子に直接結合する水素原子,炭化水素または置換炭化水素基のみを有するもの
14
ハロゲン以外の単結合の異種原子で置換された基
16
酸素原子によるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
65
高分子の主鎖にエーテル連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
02
複素環の開環による環状エーテルからの
32
化学的後処理により変性された重合体
329
有機化合物による
333
窒素を含むもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
105
非高分子有機化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
50
ハロゲンを含有するもの
54
炭素,水素,ハロゲンおよび酸素を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
38
ハロゲンを含有するもの
G 物理学
11
情報記憶
B
記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録
5
記録担体の磁化または減磁による記録;磁気的手段による再生;そのための記録担体
62
材料の選択によって特徴づけられる記録担体
72
保護被膜,例.帯電防止
725
潤滑剤を含むもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
20
潤滑組成物の成分の特定の物理的性質
04
分子量;分子量分布
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
06
油性;油膜強度;耐摩耗性;耐極圧性
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
14
電気的または磁気的用途
18
磁気テープまたはディスクへの記録に関連した
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
50
潤滑される材料に使用されている潤滑剤の形態
02
後で蒸発して潤滑剤塗布層を残すような担体に溶解または懸濁させたもの
出願人:
昭和電工株式会社 SHOWA DENKO K.K. [JP/JP]; 東京都港区芝大門一丁目13番9号 13-9, Shibadaimon 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1058518, JP
発明者:
加藤 剛 KATO Tsuyoshi; JP
代理人:
及川 周 OIKAWA Shu; JP
荒 則彦 ARA Norihiko; JP
勝俣 智夫 KATSUMATA Tomoo; JP
優先権情報:
2017-15865121.08.2017JP
発明の名称: (EN) FLUORINE-CONTAINING ETHER COMPOUND, LUBRICANT FOR MAGNETIC RECORDING MEDIUM, AND MAGNETIC RECORDING MEDIUM
(FR) COMPOSÉ ÉTHER CONTENANT DU FLUOR, LUBRIFIANT POUR SUPPORT D'ENREGISTREMENT MAGNÉTIQUE ET SUPPORT D'ENREGISTREMENT MAGNÉTIQUE
(JA) 含フッ素エーテル化合物、磁気記録媒体用潤滑剤および磁気記録媒体
要約:
(EN) A fluorine-containing ether compound characterized by being represented by formula (1). R1–R2–CH2–R3–CH2–R4–R5 (1) (In formula (1), R3 indicates a perfluoropolyether chain. R2 and R4 indicate a divalent linking group having a polar group and may be the same or different. R1 and R5 are bonded to a linking bond for an atom other than a carbon atom in R2 or R4. R1 and R5 are terminal groups comprising a C1–8 organic group and may be the same or different. At least one among R1 and R5 is a group in which at least one hydrogen in a C1–8 chain organic group is substituted by a group having an amide bond.)
(FR) La présente invention concerne un composé contenant du fluor caractérisé en ce qu'il peut être représenté par la formule (1). R1–R2–CH2–R3–CH2–R4–R5 (1), dans la formule (1), R3 représente une chaîne perfluoropolyéther. R2 et R4 indiquent un groupe de liaison divalent ayant un groupe polaire et peuvent être identiques ou différents. R1 et R5 sont liés à un site de liaison pour un atome autre qu'un atome de carbone dans R2 ou R4. R1 et R5 sont des groupes terminaux comprenant un groupe organique en C1–8 et peuvent être identiques ou différents. Au moins, soit R1, soit R5 est un groupe dans lequel au moins l'hydrogène dans un groupe organique à chaîne en C1-8 est substitué par un groupe ayant une liaison amide.
(JA) 下記式(1)で表されることを特徴とする含フッ素エーテル化合物。 R-R-CH-R-CH-R-R (1) (式(1)中、Rはパーフルオロポリエーテル鎖である。RおよびRは極性基を有する2価の連結基であり、同じであっても異なっていても良い。RおよびRは、RまたはRの有する炭素原子以外の原子の結合手に結合されている。RおよびRは、炭素原子数1~8の有機基からなる末端基であり、同じであっても異なっていても良い。RおよびRのうち少なくとも一方は、炭素原子数1~8の鎖状有機基の1以上の水素がアミド結合を有する基で置換された基である。)
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)