このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039218) 車両用エンジン
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039218 国際出願番号: PCT/JP2018/028902
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 01.08.2018
IPC:
F02B 67/00 (2006.01) ,B60K 13/04 (2006.01) ,F01N 3/24 (2006.01) ,F02M 26/15 (2016.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
67
他に分類されない補助装置の配置に特徴のある機関,例.異なった機能を有する装置;機関から補助装置を駆動するもので,他に分類されないもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
K
車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の配置または取付け;補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
13
燃焼装置の通気口または推進装置の排気口に関する配置
04
排気に関するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
[IPC code unknown for F02M 26/15]
出願人:
マツダ株式会社 MAZDA MOTOR CORPORATION [JP/JP]; 広島県安芸郡府中町新地3番1号 3-1, Shinchi, Fuchu-cho, Aki-gun, Hiroshima 7308670, JP
発明者:
北畠 啓史 KITABATAKE Keishi; JP
倉増 拓 KURAMASHI Taku; JP
高群 保 TAKAMURE Tamotsu; JP
代理人:
特許業務法人前田特許事務所 MAEDA & PARTNERS; 大阪府大阪市北区堂島浜1丁目2番1号 新ダイビル23階 Shin-Daibiru Bldg. 23F, 2-1, Dojimahama 1-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300004, JP
優先権情報:
2017-16149724.08.2017JP
発明の名称: (EN) VEHICLE ENGINE
(FR) MOTEUR DE VÉHICULE
(JA) 車両用エンジン
要約:
(EN) An engine (1) is provided with: an exhaust gas purification system (70) having contained therein a GPF device (73) for purifying exhaust gas; and an EGR passage (52) connected to the portion of the exhaust gas purification system, which is located downstream of the GPF device, and the engine (1) is configured to be mounted in an engine room (R) defined at the front of a vehicle. The exhaust gas purification system is located in front of a dash panel (103) constituting the engine room and is disposed so as to extend toward a tunnel section (T) in the dash panel. The upstream end (52c) of the EGR passage is connected to the lower part of the exhaust gas purification system in a vehicle top-bottom direction.
(FR) L'invention concerne un moteur (1) comprenant : un système de purification des gaz d'échappement (70) contenant un dispositif GPF (73) pour purifier des gaz d'échappement ; et un passage de RGE (52) connecté à la partie du système de purification des gaz d'échappement qui est située en aval du dispositif GPF, le moteur (1) étant configuré pour être monté dans un compartiment moteur (R) défini à l'avant d'un véhicule. Le système de purification des gaz d'échappement est situé devant un tableau de bord (103) constituant le compartiment moteur et est disposé de façon à s'étendre vers une section de tunnel (T) dans le tableau de bord. L'extrémité amont (52c) du passage RGE est reliée à la partie inférieure du système de purification des gaz d'échappement dans une direction haut-bas du véhicule.
(JA) エンジン(1)は、排気ガスを浄化するためのGPF装置(73)が収容された排気浄化システム(70)と、排気浄化システムにおいてGPF装置に対して下流に位置する部分に接続されたEGR通路(52)と、を備え、車体の前部に区画されるエンジンルーム(R)に搭載されるよう構成される。排気浄化システムは、エンジンルームを構成するダッシュパネル(103)の前方に位置すると共に、そのダッシュパネルのトンネル部(T)に向かって延びるように配設される。EGR通路の上流端部(52c)は、排気浄化システムの車両上下方向における下部に接続されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)