このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039202) 近赤外線吸収ガラス
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039202 国際出願番号: PCT/JP2018/028477
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 30.07.2018
IPC:
C03C 4/08 (2006.01) ,C03C 3/16 (2006.01) ,C03C 3/17 (2006.01) ,G02B 5/22 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
4
特殊性質をもつガラス用組成物
08
特定波長の放射線を選択的に吸収するガラス用
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
12
シリカを含まない酸化物ガラス組成物
16
りんを含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
12
シリカを含まない酸化物ガラス組成物
16
りんを含むもの
17
アルミニウムまたはベリリウムを含むもの
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
5
レンズ以外の光学要素
20
フィルター
22
吸収フィルター
出願人:
日本電気硝子株式会社 NIPPON ELECTRIC GLASS CO., LTD. [JP/JP]; 滋賀県大津市晴嵐二丁目7番1号 7-1, Seiran 2-chome, Otsu-shi Shiga 5208639, JP
発明者:
永野雄太 NAGANO Yuta; JP
村田哲哉 MURATA Tetsuya; JP
高山佳久 TAKAYAMA Yoshihisa; JP
優先権情報:
2017-16191025.08.2017JP
発明の名称: (EN) NEAR-INFRARED RADIATION ABSORPTION GLASS
(FR) VERRE D'ABSORPTION DE RAYONNEMENT PROCHE INFRAROUGE
(JA) 近赤外線吸収ガラス
要約:
(EN) Provided is a near-infrared radiation absorption glass, the use of which enables a reduction in the thickness of an optical device and which demonstrates excellent weather resistance, devitrification resistance, and optical properties even without the inclusion of fluorine. The near-infrared radiation absorption glass is characterized by the inclusion, in percentages by mass, of 20 to 80% P2O5, 1 to 50% RO (where R represents at least one selected from among Mg, Ca, Sr and Ba), 0.1 to 30% MgO, 0 to 15% Na2O, 0 to less than 14% K2O, and 0.1 to 30% CuO, and by the thickness thereof being 0.25 mm or less.
(FR) L'invention concerne un verre d'absorption de rayonnement proche infrarouge, dont l'utilisation permet une réduction de l'épaisseur d'un dispositif optique et qui démontre une excellente résistance aux intempéries, une excellente résistance à la dévitrification et d'excellentes propriétés optiques même sans inclusion de fluor. Le verre d'absorption de rayonnement proche infrarouge est caractérisé par l'inclusion, en pourcentages en masse, de 20 to 80 % P2O5, de 1 à 50% de RO (où R représente au moins un élément sélectionné parmi les Mg, Ca, Sr et Ba), de 0,1 à 30 % de MgO, de 0 à 15 % de Na2O, de 0 à moins de 14 % de K2O, et de 0,1 à 30 % de CuO, et en ce que son épaisseur est inférieure ou égale à 0,25 mm.
(JA) 光学デバイスを薄型化でき、かつ、フッ素を含有させない場合であっても、耐候性、耐失透性及び光学特性の各特性に優れた近赤外線吸収ガラスを提供する。 質量%で、P 20~80%、RO(ただしRはMg、Ca、Sr及びBaから選択される少なくとも1種) 1~50%、MgO 0.1~30%、NaO 0~15%、KO 0~14%未満、及びCuO 0.1~30%を含有し、厚みが0.25mm以下であることを特徴とする近赤外線吸収ガラス。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)