このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039198) フェニルアセトニトリル誘導体を用いた植物の細菌性病害の防除方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039198 国際出願番号: PCT/JP2018/028428
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 30.07.2018
IPC:
A01N 37/34 (2006.01) ,A01N 37/38 (2006.01) ,A01N 37/42 (2006.01) ,A01P 3/00 (2006.01)
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
37
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,異種原子と3個の結合をもちそのうち多くても2個がハロゲンとの結合である炭素原子を有する有機化合物を含むもの,例.カルボン酸
34
ニトリル
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
37
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,異種原子と3個の結合をもちそのうち多くても2個がハロゲンとの結合である炭素原子を有する有機化合物を含むもの,例.カルボン酸
36
少なくとも1個のカルボキシル基,そのチオ類似体またはその誘導体を含み,酸素または硫黄原子が単結合で同一炭素骨格についているもの,この酸素または硫黄原子はカルボキシル基,チオ類似体またはその誘導体の1員ではない,例.ヒドロキシカルボン酸
38
少なくとも1個の酸素または硫黄原子が芳香族環系についたもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
37
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,異種原子と3個の結合をもちそのうち多くても2個がハロゲンとの結合である炭素原子を有する有機化合物を含むもの,例.カルボン酸
42
同一炭素骨格内にカルボキシル基,チオ類似体またはその誘導体と,異種原子と2個の結合のみ有しそのうち多くとも1個がハロゲンとの結合である炭素原子とを有するもの,例.ケトカルボン酸
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
3
殺菌・殺カビ剤(菌類に作用するもの)
出願人:
アグロカネショウ株式会社 AGRO-KANESHO CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区赤坂4丁目2番19号 2-19, Akasaka 4-chome, Minato-ku, Tokyo 1070052, JP
発明者:
北山 淳 KITAYAMA Jun; JP
小山 一秋 OYAMA Katsuaki; JP
福地 俊樹 FUKUCHI Toshiki; JP
代理人:
田中 伸一郎 TANAKA Shinichiro; JP
弟子丸 健 DESHIMARU Takeshi; JP
箱田 篤 HAKODA Atsushi; JP
浅井 賢治 ASAI Kenji; JP
山崎 一夫 YAMASAKI Kazuo; JP
市川 さつき ICHIKAWA Satsuki; JP
服部 博信 HATTORI Hironobu; JP
優先権情報:
2017-16239325.08.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR CONTROLLING BACTERIAL DISEASE DAMAGE OF PLANT USING PHENYLACETONITRILE DERIVATIVE
(FR) PROCÉDÉ DE LUTTE CONTRE LES DOMMAGES CAUSÉS PAR UNE MALADIE BACTÉRIENNE DE PLANTE À L'AIDE D'UN DÉRIVÉ DE PHÉNYLACÉTONITRILE
(JA) フェニルアセトニトリル誘導体を用いた植物の細菌性病害の防除方法
要約:
(EN) Provided are an agricultural and horticultural agent having an improved effect on a bacterial disease damage of plants caused by Ralstonia solanacearum and the like, which are considered as an uncontrollable disease damage and become severe problems at a production site, and a control method using the same. The present invention applies a phenylacetonitrile derivative defined in formula [1].(In the formula, R1 represents a hydrogen atom, a C1-C3 alkyl group, or COCF3, R2 represents a hydrogen atom, a C1-C3 alkyl group, or a halogen atom, R3 and R5 each independently represent a hydrogen atom or a halogen atom, R4 represents a hydrogen atom, a halogen atom, a phenoxy group, or a C1-C3 alkyl group, and R6 represents a hydrogen atom.)
(FR) L'invention concerne un agent agricole et horticole présentant un effet amélioré sur des dommages causés par une maladie bactérienne de plantes provoquée par Ralstonia solanacearum et analogues, qui sont considérés comme des dommages causés par une maladie ne pouvant être régulés et qui deviennent des problèmes graves au niveau d'un site de production ; et un procédé de lutte mettant en œuvre ledit agent. La présente invention applique un dérivé de phénylacétonitrile défini par la formule [1]. (Dans la formule, R1 représente un atome d'hydrogène, un groupe alkyle en C1 à C3, ou COCF3, R2 représente un atome d'hydrogène, un groupe alkyle en C1 à C3, ou un atome d'halogène, R3 et R5 représentent chacun indépendamment un atome d'hydrogène ou un atome d'halogène, R4 représente un atome d'hydrogène, un atome d'halogène, un groupe phénoxy ou un groupe alkyle en C1 à C3, et R6 représente un atome d'hydrogène.)
(JA) 難防除病害とされ、生産現場で深刻な問題となっている、Ralstonia solanacearum等により引き起こされる植物の細菌性病害に高い効果を示す農園芸用薬剤およびそれを使用する防除方法を提供する。本発明は、下記式[1]で規定されるフェニルアセトニトリル誘導体を施用する。(式中、R1は、水素原子、C1~C3のアルキル基またはCOCF3を表し、R2は、水素原子、C1~C3のアルキル基またはハロゲン原子を表し、R3およびR5は、互いに独立に、水素原子またはハロゲン原子を表し、R4は、水素原子、ハロゲン原子、フェノキシ基またはC1~C3のアルキル基を表し、R6は、水素原子を表す。)
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)