このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019039164) アニオン性物質の吸着剤、アニオン性物質の吸着剤の製造方法、アニオン性物質の吸着剤の製造装置、及びアニオン性物質の回収方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/039164 国際出願番号: PCT/JP2018/027477
国際公開日: 28.02.2019 国際出願日: 23.07.2018
IPC:
B01J 20/10 (2006.01) ,B01J 3/00 (2006.01) ,B01J 20/28 (2006.01) ,B01J 20/30 (2006.01) ,C02F 1/28 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
02
無機物からなるもの
10
シリカまたはけい酸塩からなるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
3
物質の化学的または物理的変化を生じさせるため低圧または高圧を利用するプロセス;そのための装置
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
28
形態または物理的性質に特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
30
調製,再生または再活性化のためのプロセス
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
28
収着によるもの
出願人:
株式会社JFR JFR CO., LTD. [JP/JP]; 東京都練馬区上石神井2丁目22番11号 2-22-11, Kamishakujii, Nerima-ku, Tokyo 1770044, JP
発明者:
宮崎 博 MIYAZAKI Hiroshi; JP
藤野 陽 FUJINO Akira; JP
代理人:
正林 真之 SHOBAYASHI Masayuki; JP
林 一好 HAYASHI Kazuyoshi; JP
新山 雄一 NIIYAMA Yuichi; JP
優先権情報:
2017-16116824.08.2017JP
2018-11746620.06.2018JP
発明の名称: (EN) ADSORBENT FOR ANIONIC SUBSTANCES, PRODUCTION METHOD FOR ADSORBENT FOR ANIONIC SUBSTANCES, PRODUCTION DEVICE FOR ADSORBENT FOR ANIONIC SUBSTANCES, AND RECOVERING METHOD FOR ANIONIC SUBSTANCES
(FR) ADSORBANT POUR SUBSTANCES ANIONIQUES, PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'ADSORBANT POUR SUBSTANCES ANIONIQUES, DISPOSITIF DE PRODUCTION D'ADSORBANT POUR SUBSTANCES ANIONIQUES ET PROCÉDÉ DE RÉCUPÉRATION DE SUBSTANCES ANIONIQUES
(JA) アニオン性物質の吸着剤、アニオン性物質の吸着剤の製造方法、アニオン性物質の吸着剤の製造装置、及びアニオン性物質の回収方法
要約:
(EN) The present invention provides an adsorbent that is for phosphoric acid-based anionic substances, that contains foamed glass, and that has a Ca2p concentration of 7.5 atom% or more or a Na1s concentration of 5.0 atom% or less at the surface thereof as measured by XPS analysis, and a half-width of Si2p peak of 2.4 eV or more. The adsorbent also preferably has a specific surface area of 45 m2/g or more or a pore volume of 2.5 cm3/g or more as measured by mercury intrusion.
(FR) La présente invention concerne un adsorbant qui est destiné à des substances anioniques à base d'acide phosphorique, qui contient du verre expansé, et qui a une concentration de Ca2p de 7,5 % atomique ou plus ou une concentration de Na1s de 5,0 % atomique ou moins à la surface de celle-ci telle que mesurée par analyse XPS, et une demi-largeur de pic Si2p de 2,4 eV ou plus. L'adsorbant a également de préférence une surface spécifique de 45 m2/g ou plus ou un volume de pore de 2.5 cm3/g ou plus tel que mesuré par intrusion de mercure.
(JA) 本発明は、発泡ガラスを含有し、XPS分析による吸着剤表面のCa2p濃度が7.5原子%以上又はNa1s濃度が5.0原子%以下であり、Si2pピークの半値幅が2.4eV以上であるリン酸系アニオン性物質の吸着剤である。また、吸着剤は、水銀圧入法による比表面積が45m/g以上又は細孔容積が2.5cm/g以上であることが好ましい。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)