このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019031572) 油性洗浄料
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/031572 国際出願番号: PCT/JP2018/029878
国際公開日: 14.02.2019 国際出願日: 09.08.2018
IPC:
A61K 8/36 (2006.01) ,A61K 8/41 (2006.01) ,A61K 8/92 (2006.01) ,A61Q 19/10 (2006.01) ,C11D 1/04 (2006.01) ,C11D 3/30 (2006.01) ,C11D 3/43 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
33
酸素を含むもの
36
カルボン酸;その塩または無水物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
40
窒素を含むもの
41
アミン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
92
油,脂肪またはろう;その誘導体,例.水素化物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
19
スキンケア剤
10
洗浄または浴用剤
C 化学;冶金
11
動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう;それに由来する脂肪酸;洗浄剤;ろうそく
D
洗浄性組成物;単一物質の洗浄剤としての使用;石けんまたは石けん製造;樹脂石けん;グリセリンの回収
1
本質的に表面活性化合物を基とする洗浄剤組成物;その化合物の洗浄剤としての用途
02
陰イオン性化合物
04
カルボン酸またはその塩
C 化学;冶金
11
動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう;それに由来する脂肪酸;洗浄剤;ろうそく
D
洗浄性組成物;単一物質の洗浄剤としての使用;石けんまたは石けん製造;樹脂石けん;グリセリンの回収
3
1/00に包含される洗浄性組成物の他の配合成分
16
有機化合物
26
窒素を含むもの
30
アミン;置換アミン
C 化学;冶金
11
動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう;それに由来する脂肪酸;洗浄剤;ろうそく
D
洗浄性組成物;単一物質の洗浄剤としての使用;石けんまたは石けん製造;樹脂石けん;グリセリンの回収
3
1/00に包含される洗浄性組成物の他の配合成分
43
溶媒
出願人:
株式会社資生堂 SHISEIDO COMPANY, LTD. [JP/JP]; 東京都中央区銀座7丁目5番5号 5-5, Ginza 7-Chome, Chuo-ku Tokyo 1048010, JP
発明者:
島 孝明 SHIMA Takaaki; JP
上谷 祐樹 UETANI Yuki; JP
代理人:
竹内 裕 TAKEUCHI Hiroshi; JP
木村 浩幸 KIMURA Hiroyuki; JP
優先権情報:
2017-15498510.08.2017JP
発明の名称: (EN) OILY CLEANSER
(FR) NETTOYANT HUILEUX
(JA) 油性洗浄料
要約:
(EN) [Problem] To provide an oily cleanser which has a high make-up cleansing effect and can provide a very fresh sensation after being rinsed with water. [Solution] An oily cleanser containing components (A), (B) and (C) as mentioned below, the oily cleanser being characterized in that the content of the component (A) is 1 to 7% by mass, and the oily cleanser also contains a soap produced through neutralization by adding the component (B) in an amount corresponding to a neutralization rate of 25 to 150% to the component (A): (A) isostearic acid and/or oleic acid; (B) aminomethylpropanol and/or triethanolamine; and (C) an oily component.
(FR) Le problème décrit par la présente invention est de fournir un nettoyant huileux qui a un effet démaquillant élevé et qui peut fournir une sensation très douce après avoir été rincé à l'eau. La solution selon l'invention porte sur un nettoyant huileux contenant des composants (A), (B) et (C) comme mentionné ci-dessous, le nettoyant huileux étant caractérisé en ce que le contenu du composant (A) est de 1 à 7 % en masse, et le nettoyant huileux contient également un savon produit par neutralisation par ajout du composant (B) dans une quantité correspondant à un taux de neutralisation de 25 à 150 % au composant (A) : (A) acide isostéarique et/ou acide oléique; (B) aminométhylpropanol et/ou triéthanolamine; et (C) un composant huileux.
(JA) 【課題】メークに対する洗浄効果が高く、水で洗い流した後は非常にさっぱりとした感触が得られる油性洗浄料を提供する。 【解決手段】下記成分(A)、(B)及び(C)を配合する油性洗浄料であって、成分(A)の配合量を1~7質量%とし、該成分(A)に対し中和率25~150%に相当する量の成分(B)を配合することにより中和生成される石鹸を含有することを特徴とする油性洗浄料である。 (A)イソステアリン酸及び/又はオレイン酸 (B)アミノメチルプロパノール及び/又はトリエタノールアミン (C)油分
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)