このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019031489) 光ファイバ母材の製造方法、光ファイバ母材、光ファイバの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/031489 国際出願番号: PCT/JP2018/029563
国際公開日: 14.02.2019 国際出願日: 07.08.2018
IPC:
C03B 37/012 (2006.01) ,C03B 37/027 (2006.01) ,G02B 6/02 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
37
軟化されたガラス,鉱物またはスラグからのフレーク,繊維またはフィラメントの製造または処理
01
ガラス繊維またはフィラメントの製造
012
繊維またはフィラメントを引出すためのプリフォームの製造
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
37
軟化されたガラス,鉱物またはスラグからのフレーク,繊維またはフィラメントの製造または処理
01
ガラス繊維またはフィラメントの製造
02
引き出しまたは押し出しによるもの
025
再加熱され軟化された管,棒,繊維またはフィラメントからのもの
027
異なった種類のガラスからなる繊維,例.光ファイバ
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
6
ライトガイド;ライトガイドおよびその他の光素子,例.カップリング,からなる装置の構造的細部
02
クラッドを有する光ファイバ
出願人:
株式会社フジクラ FUJIKURA LTD. [JP/JP]; 東京都江東区木場1丁目5番1号 5-1, Kiba 1-chome, Koto-ku, Tokyo 1358512, JP
発明者:
安間 淑通 AMMA Yoshimichi; JP
竹永 勝宏 TAKENAGA Katsuhiro; JP
福本 良平 FUKUMOTO Ryohei; JP
代理人:
棚井 澄雄 TANAI Sumio; JP
五十嵐 光永 IGARASHI Koei; JP
小室 敏雄 KOMURO Toshio; JP
清水 雄一郎 SHIMIZU Yuichiro; JP
優先権情報:
2017-15469109.08.2017JP
2018-12242727.06.2018JP
発明の名称: (EN) OPTICAL FIBER BASE MATERIAL PRODUCTION METHOD, OPTICAL FIBER BASE MATERIAL, AND OPTICAL FIBER PRODUCTION METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE MATÉRIAU DE BASE DE FIBRE OPTIQUE, MATÉRIAU DE BASE DE FIBRE OPTIQUE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE FIBRE OPTIQUE
(JA) 光ファイバ母材の製造方法、光ファイバ母材、光ファイバの製造方法
要約:
(EN) An optical fiber base material production method having: a rod insertion step in which a glass rod 14 is inserted into a through-hole 12 that penetrates a cladding glass body 11; a dummy rod integration step in which a solid dummy quartz rod 15 that closes a first opening 12a in the through-hole 12 is integrated with a first end section 11a of the cladding glass body 11; and a tip sealing step in which a second opening 12b in the through-hole 12 that opens to a second end section 11b of the cladding glass body 11 is blocked and an internal hole 18 is formed which is sealed at both ends of the through-hole 12.
(FR) La présente invention concerne un procédé de production de matériau de base de fibre optique comprenant : une étape d'insertion de tige dans laquelle une tige de verre (14) est insérée dans un trou traversant (12) qui pénètre dans un corps de verre de gainage (11) ; une étape d'intégration de tige factice dans laquelle une tige de quartz solide factice (15) qui ferme une première ouverture (12a) dans le trou traversant (12) est intégrée à une première section d'extrémité (11a) du corps de verre de gainage (11) ; et une étape d'étanchéité de pointe dans laquelle une seconde ouverture (12b) dans le trou traversant (12) qui s'ouvre sur une seconde section d'extrémité (11b) du corps en verre de gainage (11) est bloquée et un trou interne (18) est formé qui est scellé aux deux extrémités du trou traversant (12).
(JA) 光ファイバ母材の製造方法は、クラッドガラス体11を貫通する貫通孔12にガラスロッド14を挿入するロッド挿入工程と、クラッドガラス体11の第1端部11aに貫通孔12の第1開口部12aを塞ぐ中実のダミー石英棒15を一体化するダミー棒一体化工程と、クラッドガラス体11の第2端部11bに開口する貫通孔12の第2開口部12bを塞ぎ、貫通孔12の両端が封止された内孔18を形成する先端封止工程と、を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)