このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019031472) 新規アントラニル酸系化合物、並びにそれを用いたPin1阻害剤、炎症性疾患の治療剤及び癌の治療剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/031472 国際出願番号: PCT/JP2018/029497
国際公開日: 14.02.2019 国際出願日: 06.08.2018
予備審査請求日: 20.03.2019
IPC:
C07C 233/54 (2006.01) ,A61K 31/198 (2006.01) ,A61K 31/216 (2006.01) ,A61P 3/04 (2006.01) ,A61P 29/00 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,C07C 229/64 (2006.01) ,C07C 233/81 (2006.01) ,C07C 235/56 (2006.01) ,C07C 311/21 (2006.01) ,C07D 215/48 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
233
カルボン酸アミド
01
カルボン酸アミド基の炭素原子が水素原子または非環式炭素原子に結合しているもの
45
少なくとも1個のカルボン酸アミド基の窒素原子がカルボキシル基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
53
置換された炭化水素基がカルボン酸アミド基の窒素原子に6員芳香の環の炭素原子によって結合しているもの
54
カルボン酸アミド基の炭素原子が水素原子または飽和炭素骨格の炭素原子に結合しているもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
185
酸;その無水物,ハロゲン化物または塩,例.硫黄の酸,イミド酸,ヒドラゾン酸,ヒドロキシム酸
19
カルボン酸,例.バルプロ酸
195
アミノ基を持つもの
197
アミノ基とカルボキシル基とが同一の非環式の炭素鎖に結合しているもの,例.γ-アミノ酪酸(GABA),β-アラニン,ε-アミノカプロン酸,パントテン酸
198
α-アミノ酸,例.アラニン,エデト酸(EDTA)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
21
エステル,例.ニトログリセリン,セレノシアネート
215
カルボン酸のエステル
216
芳香族環を持つ酸のエステル,例.ベナクチジン,クロフィブレート
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
04
食欲減退薬;抗肥満薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
29
非中枢性鎮痛剤,解熱剤,抗炎症剤,例.抗リューマチ剤;非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
229
同じ炭素骨格に結合しているアミノ基とカルボキシル基を含有する化合物
52
同じ炭素骨格の6員芳香環の炭素原子に結合しているアミノ基とカルボキシル基をもつもの
54
同じ非縮合6員芳香環の炭素原子に結合しているアミノ基とカルボキシル基をもつもの
64
炭素骨格がさらに単結合の酸素原子で置換されているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
233
カルボン酸アミド
64
カルボン酸アミド基の炭素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
81
少なくとも1個のカルボン酸アミド基の窒素原子がカルボキシル基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
235
酸部分の炭素骨格がさらに酸素原子で置換されているカルボン酸アミド
42
カルボン酸アミド基の炭素原子が6員芳香環の炭素原子に結合し,それと同じ炭素骨格に単結合の酸素原子が結合しているもの
44
カルボン酸アミド基の炭素原子と単結合の酸素原子が同じ非縮合6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
56
少なくとも1個のカルボン酸アミド基の窒素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
311
スルホン酸アミド,すなわちスルホン酸基の単結合で結合している酸素原子がニトロまたはニトロソ基の一部でない窒素原子で置き換えられている化合物
15
スルホン酸アミド基の硫黄原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
21
少なくとも1個のスルホン酸アミド基の窒素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
215
キノリン環系または水素添加したキノリン環系を含有する複素環式化合物
02
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
16
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
48
異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子
出願人:
国立大学法人広島大学 HIROSHIMA UNIVERSITY [JP/JP]; 広島県東広島市鏡山一丁目3番2号 3-2, Kagamiyama 1-chome, Higashihiroshima-shi, Hiroshima 7398511, JP
学校法人東京薬科大学 TOKYO UNIVERSITY OF PHARMACY & LIFE SCIENCES [JP/JP]; 東京都八王子市堀之内1432-1 1432-1, Horinouchi, Hachioji-shi, Tokyo 1920392, JP
国立大学法人 東京大学 THE UNIVERSITY OF TOKYO [JP/JP]; 東京都文京区本郷七丁目3番1号 3-1, Hongo 7-chome, Bunkyo-ku, Tokyo 1138654, JP
発明者:
浅野 知一郎 ASANO, Tomoichiro; JP
中津 祐介 NAKATSU, Yusuke; JP
伊藤 久央 ITO, Hisanaka; JP
岡部 隆義 OKABE, Takayoshi; JP
代理人:
永島 孝明 NAGASHIMA, Takaaki; JP
若山 俊輔 WAKAYAMA, Shunsuke; JP
優先権情報:
2017-15280807.08.2017JP
発明の名称: (EN) NOVEL ANTHRANILIC ACID-BASED COMPOUND, AND Pin1 INHIBITOR, THERAPEUTIC AGENT FOR INFLAMMATORY DISEASES AND THERAPEUTIC AGENT FOR CANCER THAT USE THE SAME
(FR) NOUVEAU COMPOSÉ À BASE D'ACIDE ANTHRANILIQUE, ET INHIBITEUR DE Pin1, AGENT THÉRAPEUTIQUE CONTRE LES MALADIES INFLAMMATOIRES AINSI QU'AGENT THÉRAPEUTIQUE CONTRE LE CANCER METTANT EN ŒUVRE CELUI-CI
(JA) 新規アントラニル酸系化合物、並びにそれを用いたPin1阻害剤、炎症性疾患の治療剤及び癌の治療剤
要約:
(EN) [Problem] The purpose of the invention is to develop, as drug-candidate compounds, a group of novel compounds having the activity of inhibiting functions of Pin1. [Solution] The invention provides: a compound represented by formula (I) or a salt thereof; and a Pin1 inhibitor, a pharmaceutical composition, a therapeutic or prophylactic agent for inflammatory diseases, a therapeutic or prophylactic agent for cancer, and a therapeutic or prophylactic agent for adiposity that use said compound/salt.
(FR) L'invention a pour objet de développer de nouveaux composés présentant un effet inhibiteur des fonctions d'un Pin1, pour obtenir un composé candidat de médicament. Plus précisément, l'invention fournit un composé représenté par la formule (I) ou un sel de celui-ci, et un inhibiteur de Pin1, une composition pharmaceutique, un agent thérapeutique ou un agent de prévention des maladies inflammatoires, un agent thérapeutique ou un agent de prévention du cancer ainsi qu'un agent thérapeutique ou un agent de prévention de l'obésité.
(JA) 【課題】Pin1の機能を阻害する活性を有する新規の化合物群を開発し、医薬品の候補化合物とすることを目的とする。 【解決手段】本発明は、次の式(I)で表される化合物又はその塩、並びに、それらを用いたPin1阻害剤、医薬組成物、炎症性疾患の治療剤又は予防剤、癌の治療剤又は予防剤、及び肥満症の治療剤又は予防剤を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)