このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019031368) 改変プロモーター
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/031368 国際出願番号: PCT/JP2018/028937
国際公開日: 14.02.2019 国際出願日: 01.08.2018
IPC:
C12N 15/11 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
出願人:
花王株式会社 KAO CORPORATION [JP/JP]; 東京都中央区日本橋茅場町一丁目14番10号 14-10, Nihonbashi Kayabacho 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038210, JP
国立大学法人長岡技術科学大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION NAGAOKA UNIVERSITY OF TECHNOLOGY [JP/JP]; 新潟県長岡市上富岡町1603-1 1603-1, Kamitomioka-machi, Nagaoka-shi, Niigata 9402188, JP
発明者:
掛下 大視 KAKESHITA, Hiroshi; JP
柴田 望 SHIBATA, Nozomu; JP
志田 洋介 SHIDA, Yosuke; JP
小笠原 渉 OGASAWARA, Wataru; JP
代理人:
特許業務法人アルガ特許事務所 THE PATENT CORPORATE BODY ARUGA PATENT OFFICE; 東京都中央区日本橋人形町1丁目3番8号 沢の鶴人形町ビル Sawanotsuru Ningyocho Bldg., 1-3-8, Nihonbashi Ningyocho, Chuo-ku, Tokyo 1030013, JP
優先権情報:
2017-15398309.08.2017JP
2018-14395731.07.2018JP
発明の名称: (EN) MODIFIED PROMOTER
(FR) PROMOTEUR MODIFIÉ
(JA) 改変プロモーター
要約:
(EN) Provided is a modified promoter derived from a xylanase promoter. The modified promoter comprises a polynucleotide of the Xyn3 promoter which comprises a polynucleotide containing at least one cis-element polynucleotide of the Xyn1 promoter or a complementary chain thereof in a region corresponding to the nucleotides at the 374-401 positions in SEQ ID NO: 1. The polynucleotide of the Xyn3 promoter comprises: the nucleotide sequence represented by SEQ ID NO: 1; a nucleotide sequence represented by the nucleotides at the 350-1084 positions in SEQ ID NO: 1; or a nucleotide sequence having an identity of 90% or more to the aforesaid sequences and containing the sequence represented by SEQ ID NO: 2 in the region corresponding to the nucleotides at the 374-401 positions in SEQ ID NO: 1. The cis-element polynucleotide of the Xyn1 promoter is a polynucleotide which comprises the nucleotide sequence represented by SEQ ID NO: 4.
(FR) L'invention concerne un promoteur modifié dérivé d'un promoteur de xylanase. Le promoteur modifié comprend un polynucléotide du promoteur Xyn3 qui comprend un polynucléotide contenant au moins un polynucléotide à élément cis du promoteur Xyn1 ou une chaîne complémentaire de celui-ci dans une région correspondant aux nucléotides aux positions 374-401 dans la SEQ ID NO : 1. Le polynucléotide du promoteur Xyn3 comprend : la séquence nucléotidique représentée par la SEQ ID NO : 1 ; une séquence nucléotidique représentée par les nucléotides aux positions 350-1084 dans la SEQ ID NO : 1 ; ou une séquence nucléotidique ayant une identité de 90 % ou plus aux séquences susmentionnées et contenant la séquence représentée par la SEQ ID NO : 2 dans la région correspondant aux nucléotides aux positions 374-401 dans la SEQ ID NO : 1. Le polynucléotide à élément cis du promoteur Xyn1 est un polynucléotide qui comprend la séquence nucléotidique représentée par la SEQ ID NO : 4.
(JA) キシラナーゼプロモーター由来の改変プロモーターの提供。改変プロモーターであって、配列番号1の374番~401番ヌクレオチドに相当する領域に、1つ以上のXyn1プロモーターのシスエレメントのポリヌクレオチド又はその相補鎖、を含有するポリヌクレオチドを含む、Xyn3プロモーターのポリヌクレオチドからなる、改変プロモーター。該Xyn3プロモーターのポリヌクレオチドは、以下のヌクレオチド配列からなる:配列番号1で示されるヌクレオチド配列;配列番号1の350番~1084番ヌクレオチドで示されるヌクレオチド配列;又は、それらと少なくとも90%同一であって、配列番号1の374番~401番ヌクレオチドに相当する領域に配列番号2で示される配列を含むヌクレオチド配列。該Xyn1プロモーターのシスエレメントのポリヌクレオチドは、配列番号4で示されるヌクレオチド配列からなるポリヌクレオチドである。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)