このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019031268) 情報処理装置、及び情報処理方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/031268 国際出願番号: PCT/JP2018/028201
国際公開日: 14.02.2019 国際出願日: 27.07.2018
IPC:
G10L 15/10 (2006.01) ,G10L 15/04 (2013.01) ,G10L 15/22 (2006.01)
G 物理学
10
楽器;音響
L
音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
15
音声認識
08
音声の識別または探索
10
未知音声と標準パタンとの距離または歪みを用いるもの
G 物理学
10
楽器;音響
L
音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
15
音声認識
04
セグメンテーション;語句境界検出
G 物理学
10
楽器;音響
L
音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
15
音声認識
22
音声認識処理中の手順,例.マン・マシン対話
出願人:
ソニー株式会社 SONY CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区港南1丁目7番1号 1-7-1, Konan, Minato-ku, Tokyo 1080075, JP
発明者:
澁谷 崇 SHIBUYA Takashi; JP
青山 一美 AOYAMA Kazumi; JP
南野 活樹 MINAMINO Katsuki; JP
代理人:
西川 孝 NISHIKAWA Takashi; JP
稲本 義雄 INAMOTO Yoshio; JP
優先権情報:
2017-15388309.08.2017JP
発明の名称: (EN) INFORMATION PROCESSING DEVICE AND INFORMATION PROCESSING METHOD
(FR) DISPOSITIF DE TRAITEMENT D'INFORMATIONS ET PROCÉDÉ DE TRAITEMENT D'INFORMATIONS
(JA) 情報処理装置、及び情報処理方法
要約:
(EN) The present technique pertains to an information processing device and an information processing method that allow for more convenient speech interaction. The present technique provides the information processing device including a processing unit that connects speeches before and after a break included in a user's speech in accordance with relevance between the speeches in terms of the meaning, thereby providing more convenient speech interaction. The present technique can be applied to, for example, a speech dialog system.
(FR) La présente invention concerne un dispositif de traitement d'informations et un procédé de traitement d'informations qui permettent une interaction vocale plus commode. La présente invention porte sur le dispositif de traitement d'informations comprenant une unité de traitement qui relie des paroles avant et après une interruption comprise dans la parole d'un utilisateur en fonction de la pertinence entre les paroles en termes de signification, ce qui permet d'obtenir une interaction vocale plus commode. La présente solution technique peut être appliquée, par exemple, à un système de dialogue vocal.
(JA) 本技術は、より利便性の高い音声インタラクションを提供することができるようにする情報処理装置、及び情報処理方法に関する。 ユーザの発話に含まれる間の前後の発話の意味単位での適合度に応じて、前後の発話を接続する処理部を備える情報処理装置が提供されることで、より利便性の高い音声インタラクションを提供することができる。本技術は、例えば、音声対話システムに適用することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)