このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019031055) 飲料
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/031055 国際出願番号: PCT/JP2018/022366
国際公開日: 14.02.2019 国際出願日: 12.06.2018
IPC:
A23L 2/00 (2006.01) ,A23L 2/60 (2006.01)
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2
非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調整
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2
非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調整
52
成分を添加するもの
60
甘味料
出願人:
アサヒグループホールディングス株式会社 ASAHI GROUP HOLDINGS, LTD. [JP/JP]; 東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号 23-1, Azumabashi 1-chome, Sumida-ku, Tokyo 1308602, JP
アサヒ飲料株式会社 ASAHI SOFT DRINKS CO., LTD. [JP/JP]; 東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号 23-1, Azumabashi 1-chome, Sumida-ku, Tokyo 1308602, JP
発明者:
宗 桃子 MUNE, Momoko; JP
代理人:
水野 勝文 MIZUNO, Katsufumi; JP
井出 真 IDE, Makoto; JP
須澤 洋 SUZAWA, Hiroshi; JP
久松 洋輔 HISAMATSU, Yosuke; JP
優先権情報:
2017-15394709.08.2017JP
発明の名称: (EN) BEVERAGE
(FR) BOISSON
(JA) 飲料
要約:
(EN) [Problem] To provide a novel technique whereby a lingering sticky feeling in the aftertaste of a beverage containing a high sweetness sweetener can be reduced. [Solution] A beverage containing a high sweetness sweetener and a sugar alcohol, wherein the content of the sugar alcohol is 0.1-2.0 mass% relative to the beverage and the penetrance of the sugar alcohol contained in the beverage is less than 99.
(FR) Le problème décrit par la présente invention est de fournir une nouvelle technique, moyennant quoi il est possible de réduire une sensation collante persistante dans l'arrière-goût d'une boisson contenant un édulcorant à sucrosité élevée. La solution selon l'invention porte sur une boisson contenant un édulcorant à sucrosité élevée et un alcool de sucre, la teneur en alcool de sucre étant de 0,1 à 2,0 % en masse par rapport à la boisson et la pénétrance de l'alcool de sucre contenu dans la boisson étant inférieure à 99.
(JA) 【課題】高甘味度甘味料を含有する飲料を飲んだときの後味におけるべったり感を抑えることができる新規な技術を提供する。 【解決手段】 高甘味度甘味料と、糖アルコールとを含有し、糖アルコールの含有割合が飲料あたり0.1~2.0質量%であり、飲料に含まれる糖アルコールの浸透度が99未満である飲料。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)