このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019027057) 酸化分解用触媒及びその利用
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/027057 国際出願番号: PCT/JP2018/029485
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 06.08.2018
IPC:
B01J 23/46 (2006.01) ,A23B 7/152 (2006.01) ,A61L 9/00 (2006.01) ,B01J 23/90 (2006.01) ,B01J 29/035 (2006.01) ,B01J 35/04 (2006.01) ,B01J 35/10 (2006.01) ,B01J 37/02 (2006.01) ,B01J 37/18 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
40
白金族金属に関するもの
46
ルテニウム,ロジウム,オスミウムまたはイリジウム
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
B
食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの;果実または野菜の化学的熟成;保存製品,熟成製品またはかん詰め製品
7
果実または野菜の保存または化学的熟成
14
7/08または7/10に属しない化学薬品による保存または熟成
144
ガス状態のもの,例.燻蒸;組成物またはそのための装置
152
CO↓2,N↓2,O↓2またはH↓2Oに他のガスを加えたものからなる制御された雰囲気中で行うもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
L
材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
9
空気の消毒,殺菌または脱臭
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
90
再生または再活性化
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
29
分子ふるいからなる触媒
03
塩基交換特性を有しないもの
035
結晶性シリカ多形体,例.シリカライト
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
04
小孔構造,ふるい状,格子状,ハニカム状のもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
10
表面特性または多孔性に特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
02
含浸,被覆または沈澱
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
16
還元
18
遊離した水素を含有するガスによるもの
出願人:
国立大学法人北海道大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION HOKKAIDO UNIVERSITY [JP/JP]; 北海道札幌市北区北8条西5丁目 Kita 8-jyo Nishi 5-chome, Kita-ku, Sapporo-shi, Hokkaido 0600808, JP
発明者:
福岡 淳 FUKUOKA Atsushi; JP
中島 清隆 NAKAJIMA Kiyotaka; JP
代理人:
特許業務法人特許事務所サイクス SIKS & CO.; 東京都中央区京橋一丁目8番7号 京橋日殖ビル8階 8th Floor, Kyobashi-Nisshoku Bldg., 8-7, Kyobashi 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1040031, JP
優先権情報:
2017-15182104.08.2017JP
2017-15182204.08.2017JP
発明の名称: (EN) CATALYST FOR OXIDATIVE DECOMPOSITION AND USE OF SAME
(FR) CATALYSEUR POUR DÉCOMPOSITION OXYDATIVE ET SON UTILISATION
(JA) 酸化分解用触媒及びその利用
要約:
(EN) The present invention pertains to: a catalyst obtained by supporting a complex of platinum and ruthenium (a PtRu complex) on porous silica, or a catalyst obtained by supporting a stacked complex of platinum and a transition metal TM (a Pt/TM stacked complex) on porous silica, wherein the catalyst is used in order to oxidatively decompose ethylene or a mercaptan compound in the presence of oxygen; a method for oxidative decomposition of ethylene or a mercaptan compound, the method involving bringing ethylene or a mercaptan compound and the catalyst into contact in the presence of oxygen and then oxidatively decomposing the ethylene or mercaptan compound; and a freshness-preserving agent for a food product, the freshness-preserving agent including the catalyst, wherein the freshness-preserving agent is used for preserving the freshness of the food product through being present together with the food product in the presence of oxygen. The present invention provides a catalyst that has the capability to decompose ethylene or mercaptan compounds, the catalyst being less expensive due to a reduction in the amount of platinum used and surpassing conventional silica-supported platinum catalysts.
(FR) La présente invention concerne : un catalyseur obtenu en supportant un complexe de platine et de ruthénium (un complexe PtRu) sur de la silice poreuse, ou un catalyseur obtenu en supportant un complexe empilé de platine et d'un métal de transition TM (un complexe empilé Pt/TM) sur de la silice poreuse, le catalyseur étant utilisé pour décomposer par oxydation de l'éthylène ou un composé mercaptan en présence d'oxygène; un procédé de décomposition oxydative de l'éthylène ou d'un composé mercaptan, le procédé impliquant la mise en contact d'éthylène ou d'un composé mercaptan et du catalyseur en présence d'oxygène, puis la décomposition oxydative du composé d'éthylène ou de mercaptan; et un agent de conservation de fraîcheur pour un produit alimentaire, l'agent de conservation de fraîcheur comprenant le catalyseur, l'agent de conservation de fraîcheur étant utilisé pour préserver la fraîcheur du produit alimentaire par le fait qu'il est présent conjointement avec le produit alimentaire en présence d'oxygène. La présente invention concerne un catalyseur qui a la capacité de décomposer des composés d'éthylène ou de mercaptan, le catalyseur étant moins onéreux en raison d'une réduction de la quantité de platine utilisée et surpassant des catalyseurs au platine supportés par de la silice classiques.
(JA) 本発明は、多孔質シリカに白金とルテニウムの複合体(PtRu複合体)を担持させてなる触媒、又は多孔質シリカに白金及び遷移金属TMの積重ね複合体(Pt/TM積重ね複合体)を担持させてなる触媒であって、酸素の存在下、エチレン又はメルカプタン化合物を酸化分解するために用いる触媒;酸素の存在下、エチレン又はメルカプタン化合物とこの触媒とを接触させて、エチレン又はメルカプタン化合物を酸化分解する、エチレン又はメルカプタン化合物の酸化分解方法;この触媒を含む食品の鮮度保持剤であって、酸素の存在下、食品と共存させて食品の鮮度を保持するための鮮度保持剤に関する。本発明は、白金の使用量を低減することでより安価に、かつ従来のシリカ担持白金触媒を超える、エチレン又はメルカプタン化合物を分解する能力を有する触媒を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)