このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019027034) 新規ポリペプチド及びその用途
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/027034 国際出願番号: PCT/JP2018/029183
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 03.08.2018
IPC:
C07K 14/705 (2006.01) ,A61K 38/10 (2006.01) ,A61P 1/00 (2006.01) ,A61P 9/14 (2006.01) ,A61P 11/00 (2006.01) ,A61P 17/00 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01) ,C07K 7/08 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
705
レセプター;細胞表面抗原;細胞表面決定因子
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38
ペプチドを含有する医療製剤
04
完全に確定した配列中にの,20以下のアミノ酸をもつペプチド;その誘導体
10
12~20のアミノ酸をもつペプチド
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
1
消化器官,消化系統の疾患治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
9
循環器系疾患の治療剤
14
血管保護剤,痔治療薬,静脈瘤治療剤,毛細血管安定剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
11
呼吸系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
17
皮膚疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
7
確定された配列をもつ,5から20個のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有する鎖状ペプチド
08
アミノ酸を12から20個含有するもの
出願人:
公立大学法人福島県立医科大学 FUKUSHIMA MEDICAL UNIVERSITY [JP/JP]; 福島県福島市光が丘一番地 1, Hikarigaoka, Fukushima-shi, Fukushima 9601295, JP
発明者:
池添 隆之 IKEZOE Takayuki; JP
本田 剛一 HONDA Goichi; JP
代理人:
特許業務法人特許事務所サイクス SIKS & CO.; 東京都中央区京橋一丁目8番7号 京橋日殖ビル8階 8th Floor, Kyobashi-Nisshoku Bldg., 8-7, Kyobashi 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1040031, JP
優先権情報:
2017-15129004.08.2017JP
発明の名称: (EN) NOVEL POLYPEPTIDE AND APPLICATION THEREOF
(FR) NOUVEAU POLYPEPTIDE ET SON APPLICATION
(JA) 新規ポリペプチド及びその用途
要約:
(EN) The following peptide or salts thereof have a strong cytoprotective effect and a sufficiently reduced blood-coagulating effect: X1CPEGYILDDGX2ICTDIDE (cysteine residues (C) second and fourteenth from the N end form an S-S bond to bond together; the S-S bond may be substituted by a group represented by CHR1-CHR2 (R1 and R2 each indicate a hydrogen atom, a C1-4 alkyl group, a halogen atom, a hydroxyl group, or an amino group); X1 is not present, or indicates a glutamic acid residue (E) or an aspartic acid residue (D); X2 indicates a phenylalanine residue, an alanine residue, or a tyrosine residue).
(FR) La présente invention concerne un peptide ou des sels de celui-ci présentant un fort effet cytoprotecteur et un effet de coagulation sanguine suffisamment réduit : X1CPEGYILDDGX2ICTDIDE (deuxième résidus (C) de cystéine et quatorzième à partir de l'extrémité N forment une liaison S-S pour se lier ensemble ; la liaison S-S peut être substituée par un groupe représenté par CHR1-CHR2 (R1 et R2 représentent chacun un atome d'hydrogène, un groupe alkyle en C1-4, un atome d'halogène, un groupe hydroxyle ou un groupe amino) ; X1 n'est pas présent, ou indique un résidu d'acide glutamique (E) ou un résidu d'acide aspartique (D) ; X2 représente un résidu phénylalanine, un résidu alanine ou un résidu tyrosine).
(JA) 強い細胞保護作用を有し、かつ血液抗凝固作用が十分に軽減された下記ポリペプチド又はその塩:XCPEGYILDDGXICTDIDE(N末端から2番目及び14番目のシステイン残基(C)はS-S結合を形成して互いに結合しており、該S-S結合はCHR-CHR(R及びRは水素原子、炭素数1~4のアルキル基、ハロゲン原子、水酸基、又はアミノ基を示す)で表される基で置き換えられていてもよく;Xは存在しないか、又はグルタミン酸残基(E)若しくはアスパラギン酸残基(D)を示し;Xはフェニルアラニン残基、アラニン残基、又はチロシン残基を示す)
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)