このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019026997) 可食性フィルム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/026997 国際出願番号: PCT/JP2018/029027
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 02.08.2018
IPC:
A23L 5/00 (2016.01) ,A61K 9/70 (2006.01) ,A61K 38/40 (2006.01) ,A61K 38/44 (2006.01) ,A61K 47/36 (2006.01) ,A61K 47/38 (2006.01)
[IPC code unknown for A23L 5]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9
特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
70
布,シートまたは繊条基材
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38
ペプチドを含有する医療製剤
16
21以上のアミノ酸をもつペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
17
動物由来;ヒト由来
40
トランスフェリン,例.ラクトフェリン,オボトランスフェリン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38
ペプチドを含有する医療製剤
16
21以上のアミノ酸をもつペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
43
酵素;酵素前駆体;それらの誘導体
44
酸化還元酵素(1)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
30
高分子化合物
36
多糖類;その誘導体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
30
高分子化合物
36
多糖類;その誘導体
38
セルロース;その誘導体
出願人:
森永乳業株式会社 MORINAGA MILK INDUSTRY CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区芝五丁目33番1号 33-1, Shiba 5-chome, Minato-ku, Tokyo 1088384, JP
発明者:
小澤 智仁 OZAWA, Tomohito; JP
中野 学 NAKANO, Manabu; JP
関 信夫 SEKI, Nobuo; JP
代理人:
川口 嘉之 KAWAGUCHI, Yoshiyuki; JP
佐貫 伸一 SANUKI, Shinichi; JP
丹羽 武司 NIWA, Takeshi; JP
諌山 雅美 ISAYAMA, Masami; JP
安西 悠 ANZAI, Yu; JP
優先権情報:
2017-15075103.08.2017JP
発明の名称: (EN) EDIBLE FILM
(FR) FILM COMESTIBLE
(JA) 可食性フィルム
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing an edible film that is long-lasting in the mouth and can easily be consumed. Another problem addressed by the present invention is the provision of an edible film in which there is no reduction in the activity of enzymes contained therein for extended periods of time. These problems are solved by an edible film containing lactoperoxidase, glucose oxidase, a glucose source, and a film-forming material.
(FR) La présente invention aborde le problème de proposer un film comestible qui soit durable dans la bouche et qui puisse facilement être consommé. Un autre problème abordé par la présente invention est de proposer un film comestible dans lequel il n'y a pas de réduction de l'activité d'enzymes qu'il contient pendant des périodes prolongées. Ces problèmes sont résolus par un film comestible qui contient de la lactoperoxydase, de la glucose oxydase, une source de glucose et un matériau filmogène.
(JA) 本発明は、口腔内に長く留まりかつ手軽に摂取出来る可食性フィルムを提供することを課題とする。また、本発明の他の課題は、含有する酵素の活性が長期間低下しない可食性フィルムを提供することである。該課題を、ラクトパーオキシダーゼ、グルコースオキシダーゼ、グルコース源、及びフィルム形成体を含む、可食性フィルムで解決する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)