このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019026987) エンジン、車両
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/026987 国際出願番号: PCT/JP2018/028979
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 02.08.2018
IPC:
F02B 61/06 (2006.01) ,B60K 17/06 (2006.01) ,F02B 61/02 (2006.01) ,F02B 77/00 (2006.01) ,F16F 15/26 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
61
車両の駆動またはプロペラの駆動のための機関の応用;機関と伝動装置との組合せ
06
機関と機械的伝動装置との組み合わせ
B 処理操作;運輸
60
車両一般
K
車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の配置または取付け;補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
17
車両の動力伝達装置の配置または取付け
04
伝動装置の配置,位置決め,または種類に特徴があるもの
06
変速伝動装置に関するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
61
車両の駆動またはプロペラの駆動のための機関の応用;機関と伝動装置との組合せ
02
2輪または3輪車を駆動するためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
77
構成部品,細部または付属品で他に分類されないもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
15
機構の振動防止;不釣合力,例.運動の結果として生ずる力,を回避または減少させる方法または装置
22
慣性力の補正
26
クランク軸機構において,その機構と共に運動する,通常のピストン以外の剛体質量を用いるもの
出願人:
ヤマハ発動機株式会社 YAMAHA HATSUDOKI KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 静岡県磐田市新貝2500番地 2500, Shingai, Iwata-shi, Shizuoka 4388501, JP
発明者:
和久田 真浩 WAKUDA, Masahiro; JP
代理人:
振角 正一 FURIKADO, Shoichi; JP
大西 一正 OHNISHI, Kazumasa; JP
優先権情報:
2017-15085403.08.2017JP
発明の名称: (EN) ENGINE AND VEHICLE
(FR) MOTEUR ET VÉHICULE
(JA) エンジン、車両
要約:
(EN) In this engine, a main shaft 67 is arranged so that an angle θ1 < an angle θ2. In other words, the main shaft 67 is arranged near a virtual half-line Lh having a crankshaft center C61 at the end thereof so as to satisfy the abovementioned angular relationship, and the concentration of mass is thereby achieved. As a result, it possible to concentrate mass in an engine 5 provided with the main shaft 67, a crankshaft 61, and a balancer shaft 63.
(FR) Dans ce moteur, un arbre principal (67) est agencé de telle sorte qu'un angle θ1 est < à un angle θ2. En d'autres termes, l'arbre principal (67) est agencé à proximité d'une demi-ligne virtuelle Lh ayant un centre de vilebrequin C61 au niveau de son extrémité de façon à satisfaire la relation angulaire précitée, et la concentration de masse est ainsi obtenue. Par conséquent, il est possible de concentrer une masse dans un moteur (5) pourvu de l'arbre principal (67), d'un vilebrequin (61) et d'un arbre d'équilibrage (63).
(JA) 角度θ1<角度θ2を満たすように、メイン軸67が配置されている。つまり、この角度関係を満たすように、クランク軸心C61を端とする仮想半直線Lhにメイン軸67を近づけて配置して、マスの集中を図っている。これによって、メイン軸67、クランク軸61およびバランサ軸63を備えたエンジン5において、マスの集中を図ることが可能となっている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)