このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019026920) 環状ペプチドをタンパク質構造に提示させる超汎用法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/026920 国際出願番号: PCT/JP2018/028705
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 31.07.2018
IPC:
C12N 15/62 (2006.01) ,C07K 19/00 (2006.01) ,C12P 21/04 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
62
融合蛋白質をコードするDNA配列
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
19
ハイブリッドペプチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
04
環状または架橋のペプチドまたはポリペプチド,例.バシトラシン
出願人:
国立大学法人東京大学 THE UNIVERSITY OF TOKYO [JP/JP]; 東京都文京区本郷七丁目3番1号 3-1, Hongo 7-chome, Bunkyo-ku, Tokyo 1138654, JP
国立大学法人大阪大学 OSAKA UNIVERSITY [JP/JP]; 大阪府吹田市山田丘1番1号 1-1, Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 5650871, JP
発明者:
菅 裕明 SUGA, Hiroaki; JP
▲高▼木 淳一 TAKAGI, Junichi; JP
代理人:
稲葉 良幸 INABA, Yoshiyuki; JP
大貫 敏史 ONUKI, Toshifumi; JP
優先権情報:
2017-14862231.07.2017JP
発明の名称: (EN) SUPER VERSATILE METHOD FOR PRESENTING CYCLIC PEPTIDE ON PROTEIN STRUCTURE
(FR) PROCÉDÉ SUPER-POLYVALENT POUR PRÉSENTER UN PEPTIDE CYCLIQUE SUR UNE STRUCTURE PROTÉIQUE
(JA) 環状ペプチドをタンパク質構造に提示させる超汎用法
要約:
(EN) Provided is a method for presenting a cyclic peptide, which has a chemically crosslinked structure for forming an intramolecular cyclic structure, on a protein having a loop structure, said method comprising substituting the chemically crosslinked structure of the cyclic peptide by two amino acid residues constituting the loop structure to thereby fuse the cyclic peptide with the protein having the loop structure.
(FR) L'invention concerne un procédé de présentation d'un peptide cyclique, qui comprend une structure chimiquement réticulée pour former une structure cyclique intramoléculaire, sur une protéine ayant une structure en boucle, où ledit procédé comprend la substitution de la structure chimiquement réticulée du peptide cyclique par deux résidus acides aminés constituant la structure en boucle pour ainsi fusionner le peptide cyclique avec la protéine ayant la structure en boucle.
(JA) 本発明は、環状ペプチドを、ループ構造を有するタンパク質上に提示する方法であって、環状ペプチドは、分子内環状構造を形成するための化学架橋構造を有し、環状ペプチドの化学架橋構造を、ループ構造を構成する2つのアミノ酸残基に置き換えることにより、環状ペプチドを、ループ構造を有するタンパク質に融合させることを含む、方法を提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)