このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019026915) 熱交換器の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/026915 国際出願番号: PCT/JP2018/028697
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 31.07.2018
IPC:
F28F 1/12 (2006.01) ,B23K 1/00 (2006.01) ,F28D 1/053 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28
熱交換一般
F
一般的な熱交換または熱伝達装置の細部
1
管状要素;管状要素の組み立て
10
熱伝達面積を増加するための管状要素またはその組み立て,例.ひれをもつもの,突出部をもつもの,凹みをもつもの
12
管状要素の外面のみにある手段
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
1
ハンダ付,例.ロー付,またはハンダ離脱
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28
熱交換一般
D
熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの;蓄熱プラントまたは装置一般
1
1つの熱交換媒体に対してのみ定置流路組立体を持ち,媒体が相互に異なった側の流路壁と接触し,他方の熱交換媒体が多量の流体である熱交換装置,例.家庭用または自動車用ラジエータ
02
流体中に浸された熱交換流路をもつもの
04
管状の流路をもつもの
053
流路が直線状のもの
出願人:
ダイキン工業株式会社 DAIKIN INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区中崎西2丁目4番12号 梅田センタービル Umeda Center Building, 4-12, Nakazaki-nishi 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308323, JP
発明者:
古谷 寛之 FURUYA Hiroyuki; JP
加治 隆平 KAJI Ryuuhei; JP
原田 真輔 HARADA Shinsuke; JP
藤野 宏和 FUJINO Hirokazu; JP
代理人:
特許業務法人前田特許事務所 MAEDA & PARTNERS; 大阪府大阪市北区堂島浜1丁目2番1号 新ダイビル23階 Shin-Daibiru Bldg. 23F, 2-1, Dojimahama 1-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300004, JP
優先権情報:
2017-14838931.07.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING HEAT EXCHANGER
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'ÉCHANGEUR THERMIQUE
(JA) 熱交換器の製造方法
要約:
(EN) Provided is a method for producing a heat exchanger, capable of securely joining flat tubes and fins by brazing. In a brazed layer-forming step, brazed layers (40) are respectively formed on flat tubes (20). In the following temporary assembling step, the flat tubes (20), on which the respective brazed layers (40) are formed, and fins (30) are alternately disposed, to thereby form a semi-finished product. In the following brazing step, the semi-finished product is heated to melt the brazed layers, whereby the flat tubes (20) and the fins (30) are joined.
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'échangeur thermique, pouvant joindre solidement des tubes plats et des ailettes par brasage. Dans une étape de formation de couches brasées, des couches brasées (40) sont respectivement formées sur des tubes plats (20). Dans l'étape d'assemblage temporaire suivante, les tubes plats (20), sur lesquels sont formées les couches brasées (40) respectives, et des ailettes (30) sont disposés en alternance, pour former de ce fait un produit semi-fini. Dans l'étape de brasage suivante, le produit semi-fini est chauffé pour fondre les couches brasées, de telle manière que les tubes plats (20) et les ailettes (30) sont joints.
(JA) 扁平管とフィンをロウ付けによって確実に接合できる熱交換器の製造方法を提供する。ロウ層形成工程において、ロウ層(40)を扁平管(20)に形成する。次の仮組工程において、ロウ層(40)が形成された扁平管(20)とフィン(30)とを交互に配置して半製品を形成する。次のロウ付け工程において、半製品を加熱してロウ層を溶融させることによって、扁平管(20)とフィン(30)を接合する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)