このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019026906) 光ファイバ及び光伝送システム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/026906 国際出願番号: PCT/JP2018/028663
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 31.07.2018
IPC:
G02B 6/02 (2006.01) ,G02B 6/43 (2006.01) ,H01S 3/10 (2006.01) ,H04B 10/2507 (2013.01) ,H04B 10/2581 (2013.01)
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
6
ライトガイド;ライトガイドおよびその他の光素子,例.カップリング,からなる装置の構造的細部
02
クラッドを有する光ファイバ
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
6
ライトガイド;ライトガイドおよびその他の光素子,例.カップリング,からなる装置の構造的細部
24
ライトガイドのための結合
42
ライトガイドと光電素子との結合
43
複数の光電素子とそれと結合した光学的相互接続からなる装置
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
10
放出された放射線の強度,周波数,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲート,変調または復調
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
10
無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
25
ファイバー伝送に特有の配置
2507
ひずみまたは分散の減少または除去のためのもの
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
10
無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
25
ファイバー伝送に特有の配置
2581
マルチモード伝送
出願人:
日本電信電話株式会社 NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区大手町一丁目5番1号 5-1, Otemachi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008116, JP
発明者:
漆原 梓 URUSHIBARA Azusa; JP
坂本 泰志 SAKAMOTO Taiji; JP
和田 雅樹 WADA Masaki; JP
山本 貴司 YAMAMOTO Takashi; JP
中島 和秀 NAKAJIMA Kazuhide; JP
森 崇嘉 MORI Takayoshi; JP
代理人:
特許業務法人 志賀国際特許事務所 SHIGA INTERNATIONAL PATENT OFFICE; 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 1-9-2, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo 1006620, JP
優先権情報:
2017-14949401.08.2017JP
発明の名称: (EN) OPTICAL FIBER AND OPTICAL TRANSMISSION SYSTEM
(FR) FIBRE OPTIQUE ET SYSTÈME DE TRANSMISSION OPTIQUE
(JA) 光ファイバ及び光伝送システム
要約:
(EN) This optical fiber has a core and a cladding having a lower refractive index than the core region, the cladding being provided on an external peripheral part of the core. In this optical fiber, the V value representing the normalized frequency of the LP02 mode is 4.8 to 6.4.
(FR) La présente invention concerne une fibre optique comportant une âme et une gaine ayant un indice de réfraction inférieur à celui de la région coeur, la gaine étant disposée sur une partie périphérique externe de l'âme. Dans ladite fibre optique, la valeur V représentant la fréquence normalisée du mode LP02 est de 4,8 à 6,4.
(JA) 本発明の光ファイバは、コアと、前記コアの外周部に設けられ、前記コア領域よりも低い屈折率がクラッドと、を有する。本発明の光ファイバにおいて、LP02モードの正規化周波数を表すV値は、4.8以上6.4以下である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)