このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019026903) 短期間造腫瘍性スクリーニングシステム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/026903 国際出願番号: PCT/JP2018/028654
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 31.07.2018
IPC:
G01N 33/48 (2006.01) ,C12N 5/09 (2010.01) ,C12N 5/095 (2010.01) ,C12Q 1/02 (2006.01) ,G01N 33/15 (2006.01) ,G01N 33/50 (2006.01) ,A61K 35/13 (2015.01) ,A61K 35/545 (2015.01) ,A61P 43/00 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
09
腫瘍細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
09
腫瘍細胞
095
幹細胞;前駆細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
02
生きた微生物を含むもの
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
15
医薬
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
[IPC code unknown for A61K 35/13][IPC code unknown for A61K 35/545]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
出願人:
学校法人慶應義塾 KEIO UNIVERSITY [JP/JP]; 東京都港区三田2丁目15番45号 15-45, Mita 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1088345, JP
発明者:
榛村 重人 SHIMMURA, Shigeto; JP
羽藤 晋 HATOU, Shin; JP
稲垣 絵海 INAGAKI, Emi; JP
坪田 一男 TSUBOTA, Kazuo; JP
代理人:
高島 一 TAKASHIMA, Hajime; JP
鎌田 光宜 KAMADA, Mitsunori; JP
優先権情報:
2017-14860531.07.2017JP
発明の名称: (EN) RAPID TUMORIGENICITY SCREENING SYSTEM
(FR) SYSTÈME DE CRIBLAGE DE TUMORIGÉNICITÉ RAPIDE
(JA) 短期間造腫瘍性スクリーニングシステム
要約:
(EN) The present invention provides a method for evaluating the tumorigenicity of test cells, the method including transplanting the cells into the anterior chamber of an experimental animal and observing the presence/absence of tumor formation. The present invention enables a rapid and convenient evaluation of tumorigenicity.
(FR) La présente invention concerne une méthode d'évaluation de la tumorigénicité de cellules d'essai, la méthode consistant à transplanter des cellules dans la chambre antérieure d'un animal expérimental et à observer la présence/absence de formation de tumeur. La présente invention permet une évaluation rapide et pratique de la tumorigénicité.
(JA) 本発明は、実験動物の前眼房内に被検細胞を移植し、腫瘍形成の有無を観察することを含む、該細胞の造腫瘍性の評価方法を提供する。本発明によれば、短期間でかつ簡便に造腫瘍性を評価することができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)