このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019026887) 発熱体の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/026887 国際出願番号: PCT/JP2018/028602
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 31.07.2018
IPC:
A47J 27/00 (2006.01) ,A47J 36/04 (2006.01) ,C04B 33/13 (2006.01) ,C04B 35/01 (2006.01)
A 生活必需品
47
家具;家庭用品または家庭用設備;コーヒーひき;香辛料ひき;真空掃除機一般
J
台所用具;コーヒーひき器;香辛料ひき器;飲料を作る装置
27
加熱調理容器
A 生活必需品
47
家具;家庭用品または家庭用設備;コーヒーひき;香辛料ひき;真空掃除機一般
J
台所用具;コーヒーひき器;香辛料ひき器;飲料を作る装置
36
加熱調理容器の部品,細部または付属具
02
特定材質,例.銅または断熱材そう着による重い底部,の選択
04
非金属材
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
33
粘土製品
02
個々の,またはバッチとしての原料の調製または処理
13
配合成分
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35
組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
01
酸化物を基とするもの
出願人:
東洋炭素株式会社 TOYO TANSO CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市西淀川区竹島5-7-12 5-7-12, Takeshima, Nishiyodogawa-ku, Osaka-shi, Osaka 5550011, JP
発明者:
大久保 博 OHKUBO, Hiroshi; JP
西尾 博文 NISHIO, Hirofumi; JP
東城 哲朗 TOJO, Tetsuro; JP
代理人:
小谷 悦司 KOTANI, Etsuji; JP
小谷 昌崇 KOTANI, Masataka; JP
中山 和俊 NAKAYAMA, Kazutoshi; JP
優先権情報:
2017-15155704.08.2017JP
発明の名称: (EN) PRODUCTION METHOD FOR HEATING ELEMENT
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D’ÉLÉMENT CHAUFFANT
(JA) 発熱体の製造方法
要約:
(EN) Provided is a method that makes it possible to easily produce an arbitrarily shaped heating element that is capable of induction heating. The present invention includes a mixing and kneading step, a molding step, and a firing step. In the mixing and kneading step, ceramic particles, pitch, a carbon filler, and water are mixed and kneaded to produce a mixed and kneaded product. In the molding step, the mixed and kneaded product is molded to produce a molded body. In the firing step, the molded body is fired to produce a heating element.
(FR) La présente invention concerne un procédé qui permet de produire aisément un élément chauffant de forme arbitraire qui est capable de chauffage par induction. La présente invention comprend une étape de mélange et de malaxage, une étape de moulage et une étape de cuisson. Dans l’étape de mélange et de malaxage, des particules de céramique, un brai, une charge de carbone et de l’eau sont mélangés et malaxés pour former un produit mélangé et malaxé. Dans l’étape de moulage, le produit mélangé et malaxé est moulé pour produire un corps moulé. Dans l’étape de cuisson, le corps moulé est cuit pour produire un élément chauffant.
(JA) 誘導加熱可能な発熱体を任意の形状に容易に製造し得る方法を提供する。 混練工程と、成形工程と、焼成工程とを行う。混練工程では、セラミック粒子と、ピッチと、炭素フィラーと、水とを混練することにより混練物を得る。成形工程では、混練物を成形し、成形体を得る。焼成工程では、成形体を焼成することにより発熱体を得る。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)