このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019026860) 遺伝子発現制御方法および遺伝子発現制御物質
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/026860 国際出願番号: PCT/JP2018/028511
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 30.07.2018
IPC:
C12N 15/113 (2010.01) ,A23L 33/13 (2016.01) ,A61K 31/7088 (2006.01) ,A61K 48/00 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
113
遺伝子の発現を調節する非コード核酸、例.アンチセンスオリゴヌクレオチド
[IPC code unknown for A23L 33/13]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7088
3個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48
遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
出願人:
国立大学法人大阪大学 OSAKA UNIVERSITY [JP/JP]; 大阪府吹田市山田丘1番1号 1-1, Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 5650871, JP
株式会社陽進堂 YOSHINDO INC. [JP/JP]; 富山県富山市婦中町萩島3697番地の8 3697-8, Haginoshima, Fuchu-machi, Toyama-shi, Toyama 9392723, JP
発明者:
和田 忠士 WADA, Tadashi; JP
渡邉 肇 WATANABE, Hajime; JP
高田 遼平 TAKATA, Ryohei; JP
北村 彩佳 KITAMURA, Ayaka; JP
代理人:
中道 佳博 NAKAMICHI, Yoshihiro; JP
藤原 有希 FUJIWARA, Yuki; JP
優先権情報:
2017-14870631.07.2017JP
発明の名称: (EN) GENE EXPRESSION REGULATION METHOD AND GENE EXPRESSION REGULATOR
(FR) PROCÉDÉ DE RÉGULATION D'EXPRESSION GÉNIQUE ET RÉGULATEUR D'EXPRESSION GÉNIQUE
(JA) 遺伝子発現制御方法および遺伝子発現制御物質
要約:
(EN) The present invention provides a polynucleotide and a method for efficiently regulating gene expression. Disclosed are: a polynucleotide capable of hybridizing with a contiguous sequence of 5-9 bases (including the base of the 3' end of the mRNA) of the 5' side from the base corresponding to the 3' end of the mRNA and 5-9 bases (not including the base of the 3' end of the mRNA) of the 3' side in a genomic sequence; the aforementioned polynucleotide, including at least one nucleotide analog; and a gene expression regulator having the polynucleotide as an active component.
(FR) La présente invention concerne un polynucléotide et un procédé de régulation efficace de l'expression génique. Sont décrits : un polynucléotide pouvant s'hybrider avec une séquence contiguë de 5 à 9 bases (comprenant la base de l'extrémité 3' de l'ARNm) du côté 5' depuis la base correspondant à l'extrémité 3' de l'ARNm et 5 à 9 bases (non comprise la base de l'extrémité 3' de l'ARNm) du côté 3' dans une séquence génomique; le polynucléotide précité, comprenant au moins un analogue nucléotidique; et un régulateur d'expression génique comportant le polynucléotide en tant que composant actif.
(JA) 本発明は、効率よく遺伝子発現を抑制するポリヌクレオチドおよび方法を提供する。ゲノム配列中、mRNAの3'-末端に対応する塩基から5'-側の5~9塩基(mRNAの3'-末端の塩基を含む)、および3'-側の5~9塩基(mRNAの3'-末端の塩基は含まない)の連続した配列にハイブリダイズし得るポリヌクレオチド;該ポリヌクレオチドが、少なくとも1つのヌクレオチド類似体を含む、ポリヌクレオチド;該ポリヌクレオチドを有効成分とする、遺伝子発現抑制剤が開示される。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)