このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019026192) 異種材料溶接用ワイヤ及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/026192 国際出願番号: PCT/JP2017/027961
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 02.08.2017
IPC:
B23K 35/40 (2006.01) ,B23K 9/23 (2006.01) ,B23K 26/211 (2014.01) ,B23K 35/02 (2006.01) ,B23K 35/28 (2006.01) ,B23K 35/368 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
40
ハンダ付または溶接のための線または棒の製造
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
23
溶接される材料の性質を考慮したもの
[IPC code unknown for B23K 26/211]
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
02
機械的形状,例.形,を特徴とするもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
28
主成分が950°C以下の融点をもつもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
36
非金属組成物の選定,例.被覆,フラックス;非金属組成物の選定に関連するハンダ付け材料または溶接材料の選定,両者の選定に関係するもの
368
芯材料の非金属組成物の選定,またはハンダ付け材料または溶接材料の選定に関係するもの
出願人:
日本ウエルディング・ロッド株式会社 NIPPON WELDING ROD CO.,LTD. [JP/JP]; 東京都中央区銀座1丁目13番8号 13-8,Ginza 1-chome,Chuo-ku, Tokyo 1040061, JP
発明者:
斎藤 貞一郎 SAITO Teiichiro; --
小山 宏 KOYAMA Hiroshi; --
縣 幸男 AGATA Yukio; --
吉田 雅哉 YOSHIDA Masaya; --
小川 典仁 OGAWA Norihito; --
代理人:
西浦 ▲嗣▼晴 NISHIURA Tsuguharu; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) WIRE FOR WELDING DISSIMILAR MATERIALS, AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) FIL DE SOUDAGE DE MATÉRIAUX DISSEMBLABLES, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DUDIT FIL
(JA) 異種材料溶接用ワイヤ及びその製造方法
要約:
(EN) Provided are a wire for welding dissimilar materials, which makes it possible to reduce a flux filling factor and to suppress generation of filling unevenness, and a method for manufacturing the same. An electrically conductive core wire material and a metal outer skin material comprise aluminum or an aluminum alloy. A coating electrically conductive core wire material provided with a coating layer is formed by applying a flux paste onto the surface of the electrically conductive core wire material, or a coating metal outer skin material provided with a coating layer is formed by applying a flux paste onto an inner surface of the metal outer skin material. Thereafter, a tubular metal outer skin material is formed, and an electrically conductive core wire is arranged inside the tubular metal outer skin material to form a wire for wire drawing. By forming the coating layer over the entire wire in the circumferential direction thereof, even when the flux filling factor is low, flux is disposed over the entire wire in a distributed manner in the length direction and the circumferential direction after solvent in the coating layer has been eliminated.
(FR) L'invention concerne un fil destiné à souder des matériaux dissemblables, qui permet de réduire un facteur de remplissage de flux et de supprimer la génération d'une irrégularité de remplissage, et un procédé destiné à la fabrication dudit fil. Un matériau de fil central électroconducteur et un matériau d'enveloppe externe métallique comprennent de l'aluminium ou un alliage d'aluminium. Un matériau de fil central électroconducteur de revêtement pourvu d'une couche de revêtement est formé par application d'une pâte de flux sur la surface du matériau de fil central électroconducteur, ou un matériau d'enveloppe externe de métal de revêtement pourvu d'une couche de revêtement est formé par application d'une pâte de flux sur une surface interne du matériau d'enveloppe externe métallique. Ensuite, un matériau d'enveloppe externe métallique tubulaire est formé, et un fil central électroconducteur est agencé à l'intérieur du matériau d'enveloppe externe métallique tubulaire en vue de former un fil destiné au tréfilage. Par la formation de la couche de revêtement sur l'ensemble du fil dans sa direction circonférentielle, même lorsque le facteur de remplissage de flux est faible, un flux est disposé sur l'ensemble du fil d'une manière distribuée dans la direction de la longueur et dans la direction circonférentielle après élimination du solvant dans la couche de revêtement.
(JA) フラックス充填率を少なくすると同時に充填ムラの発生を抑制することを可能にする異種材料溶接用ワイヤ及びその製造方法を提供する。導電性心線材料および金属外皮材料はアルミニウムまたはアルミニウム合金からなる。導電性心線材料の表面にフラックスペーストを塗布してコーティング層を備えたコーティング導電性心線材料を形成するか、金属外皮材料の内表面にフラックスペーストを塗布してコーティング層を備えたコーティング金属外皮材料を形成する。その後に管状の金属外皮材料を形成し、管状の金属外皮材料の内部に導電性心線を配置することにより線引き用ワイヤを形成する。コーティング層がワイヤの周方向全体にわたって形成される結果、フラックス充填率が低い場合でも、コーティング層中の溶媒が無くなった後に、フラックスがワイヤの長さ方向及び周方向全体に分散して配置される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)