このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019026130) 作業支援装置、作業支援方法、プログラム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/026130 国際出願番号: PCT/JP2017/027692
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 31.07.2017
IPC:
G06F 17/30 (2006.01) ,G06F 3/01 (2006.01) ,G06F 3/0346 (2013.01)
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
17
特定の機能に特に適合したデジタル計算またはデータ処理の装置または方法
30
情報検索;そのためのデータベース構造
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
03
器具の位置または変位をコード信号に変換するための装置
033
ユーザにより変位または位置決めされるポインティングデバイス;その付属具
0346
三次元空間における,デバイスの向きまたは自由運動を検出するもの,例.3Dマウス,ジャイロや加速度センサや傾きセンサを使用する6自由度ポインタ
出願人:
日本電気株式会社 NEC CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区芝五丁目7番1号 7-1, Shiba 5-chome, Minato-ku, Tokyo 1088001, JP
発明者:
渡部 正文 WATANABE Masafumi; JP
島 成佳 SHIMA Shigeyoshi; JP
代理人:
棚井 澄雄 TANAI Sumio; JP
森 隆一郎 MORI Ryuichirou; JP
松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi; JP
伊藤 英輔 ITO Eisuke; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) OPERATION ASSISTANCE DEVICE, OPERATION ASSISTANCE METHOD, AND PROGRAM
(FR) DISPOSITIF D’AIDE AU FONCTIONNEMENT, PROCÉDÉ D’AIDE AU FONCTIONNEMENT ET PROGRAMME
(JA) 作業支援装置、作業支援方法、プログラム
要約:
(EN) This operation assistance device identifies, from among predetermined small regions of an image obtained by imaging an object to be viewed, gazed regions of the image that are associated with the line of sight of a user while the user is viewing the object to be viewed. The operation assistance device identifies operation assistance information on the basis of how and when the user switches between the identified gazed regions.
(FR) Le dispositif d’aide au fonctionnement selon l’invention identifie, parmi des petites régions prédéfinies d’une image obtenue par imagerie d’un objet à visualiser, des régions regardées de l’image qui sont associées à la ligne de vision d’un utilisateur pendant que l’utilisateur visualise l’objet à visualiser. Le dispositif d’aide au fonctionnement identifie des informations d’aide au fonctionnement sur la base de la manière selon laquelle et de l’instant auquel l’utilisateur commute entre les régions regardées identifiées.
(JA) 目視対象を撮影して得た画像中の所定の小領域のうち目視対象を視認するユーザの視線に対応する画像中の注視領域を特定する。特定された注視領域の時間推移に基づいて作業支援情報を特定する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)