このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019023806) TRANSIENT SILENCING OF ARGONAUTE1 AND ARGONAUTE4 TO INCREASE RECOMBINANT PROTEIN EXPRESSION IN PLANTS
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/023806 国際出願番号: PCT/CA2018/050949
国際公開日: 07.02.2019 国際出願日: 02.08.2018
IPC:
C12N 15/29 (2006.01) ,A01H 5/00 (2018.01) ,C12N 15/113 (2010.01) ,C12N 15/13 (2006.01) ,C12N 15/30 (2006.01) ,C12N 15/33 (2006.01) ,C12N 15/52 (2006.01) ,C12N 15/82 (2006.01) ,C12N 5/04 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12P 21/02 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
29
植物蛋白質,例.ソーマチン,をコードする遺伝子
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
H
新規植物またはそれらを得るための処理;組織培養技術による植物の増殖
5
開花植物,すなわち,被子植物
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
113
遺伝子の発現を調節する非コード核酸、例.アンチセンスオリゴヌクレオチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
12
動物蛋白質をコードする遺伝子
13
免疫グロブリン
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
30
原生動物蛋白質,例.変形体,睡眠病病原虫,アイメリア由来の蛋白質,をコードする遺伝子
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
31
微生物蛋白質,例.エンテロトキシン,をコードする遺伝子
33
ウイルス蛋白質をコードする遺伝子
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52
酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
63
ベクターを用いた外来遺伝物質の導入;ベクター;そのための宿主の使用;発現の制御
79
真核宿主に特に適合するベクターまたは発現システム
82
植物細胞用
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
04
植物細胞または組織
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
出願人:
PLANTFORM CORPORATION [CA/CA]; 1920 Yonge Street, Suite 200 Toronto, Ontario M4S 3E2, CA
発明者:
FERRARO, Kiva; CA
MARIT, Michael; CA
MCLEAN, Michael D.; CA
代理人:
BERESKIN & PARR LLP/S.E.N.C.R.L., S.R.L.; Scotia Plaza, 40 King Street West, 40th Floor Toronto, Ontario M5H 3Y2, CA
優先権情報:
62/540,69603.08.2017US
発明の名称: (EN) TRANSIENT SILENCING OF ARGONAUTE1 AND ARGONAUTE4 TO INCREASE RECOMBINANT PROTEIN EXPRESSION IN PLANTS
(FR) SILENÇAGE TRANSITOIRE D'ARGONAUTE1 ET D'ARGONAUTE4 EN VUE D'AUGMENTER L'EXPRESSION DE PROTÉINE RECOMBINANTE DANS DES PLANTES
要約:
(EN) A plant or plant cell with reduced endogenous AGO1 and AGO4 expression compared to a wild-type plant or plant cell is provided. In one embodiment, the plant or plant cell further comprises a nucleic acid sequence encoding a recombinant protein and the plant or plant cell has increased expression of the recombinant protein compared to a wild-type plant or plant cell comprising the nucleic acid sequence. Methods of reducing aglycosylation of recombinant protein produced in plants are also provided.
(FR) L'invention concerne une plante ou une cellule de plante à expression d'AGO1 et d'AGO4 endogène réduite par comparaison avec une plante ou une cellule de plante de type sauvage. Selon un mode de réalisation, la plante ou la cellule de plante comprend en outre une séquence d'acide nucléique codant pour une protéine recombinante et la plante ou la cellule de plante présente une expression accrue de la protéine recombinante par comparaison avec une plante ou une cellule de plante de type sauvage comprenant la séquence d'acide nucléique. L'invention concerne également des procédés de réduction de l'aglycosylation de la protéine recombinante produite dans des plantes.
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 英語 (EN)
国際出願言語: 英語 (EN)