このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019022234) 炎症性腸疾患の治療剤又は予防剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/022234 国際出願番号: PCT/JP2018/028276
国際公開日: 31.01.2019 国際出願日: 27.07.2018
IPC:
A61K 31/445 (2006.01) ,A61K 31/4525 (2006.01) ,A61K 31/454 (2006.01) ,A61P 1/04 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
445
非縮合ピペリジン,例.ピペロカイン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
445
非縮合ピペリジン,例.ピペロカイン
4523
さらに複素環系を含有するもの
4525
環異種原子として酸素を有する5員環を含むもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
445
非縮合ピペリジン,例.ピペロカイン
4523
さらに複素環系を含有するもの
454
環異種原子として窒素を有する5員環を含むもの,例.ピモジド,ドンペリドン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
1
消化器官,消化系統の疾患治療薬
04
潰瘍,胃炎,食道炎の薬,例.制酸剤,酸分泌抑制剤,粘膜保護剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
出願人:
東レ株式会社 TORAY INDUSTRIES, INC. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号 1-1, Nihonbashi-Muromachi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038666, JP
発明者:
林 新之助 HAYASHI Shinnosuke; JP
バレット マーシャル VALLET Martial; JP
横坂 慎也 YOKOSAKA Shinya; JP
大角 和也 OSUMI Kazuya; JP
青木 拓実 AOKI Takumi; JP
目黒 裕之 MEGURO Hiroyuki; JP
戒能 美枝 KAINO Mie; JP
高垣 こずえ TAKAGAKI Kozue; JP
高橋 雄大 TAKAHASHI Takehiro; JP
代理人:
永井 浩之 NAGAI Hiroshi; JP
中村 行孝 NAKAMURA Yukitaka; JP
佐藤 泰和 SATO Yasukazu; JP
朝倉 悟 ASAKURA Satoru; JP
浅野 真理 ASANO Makoto; JP
反町 洋 SORIMACHI Hiroshi; JP
鈴木 啓靖 SUZUKI Hiroyasu; JP
優先権情報:
2017-14544127.07.2017JP
発明の名称: (EN) INFLAMMATORY BOWEL DISEASE THERAPEUTIC AGENT OR PROPHYLACTIC AGENT
(FR) AGENT THÉRAPEUTIQUE OU AGENT PROPHYLACTIQUE CONTRE DES MALADIES INFLAMMATOIRES DE L’INTESTIN
(JA) 炎症性腸疾患の治療剤又は予防剤
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide an inflammatory bowel disease therapeutic agent or prophylactic agent that has an RORγ antagonist activity. In order to achieve this purpose, the present invention provides an inflammatory bowel disease therapeutic agent or prophylactic agent that contains, as an active ingredient, a cyclic amine derivative represented by the indicated compound or a pharmacologically acceptable salt thereof.
(FR) Le but de la présente invention est de fournir un agent thérapeutique ou un agent prophylactique destiné à une maladie inflammatoire de l’intestin, qui présent une activité antagoniste contre le récepteur γ orphelin associé aux rétinoïdes (RORγ). Afin d'atteindre cet objectif, la présente invention concerne un agent thérapeutique ou un agent prophylactique contre une maladie inflammatoire de l’intestin qui contient, en tant que principe actif, un dérivé d'amine cyclique représenté par le composé indiqué ou un sel pharmacologiquement acceptable de celui-ci.
(JA) 本発明は、RORγアンタゴニスト活性を有する、炎症性腸疾患の治療剤又は予防剤を提供することを目的とし、この目的を達成するために、下記化合物に代表される環状アミン誘導体又はその薬理学的に許容される塩を有効成分として含有する、炎症性腸疾患の治療剤又は予防剤を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)