このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019022163) 改変フィブロイン
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/022163 国際出願番号: PCT/JP2018/027974
国際公開日: 31.01.2019 国際出願日: 25.07.2018
IPC:
C07K 14/435 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 15/12 (2006.01) ,D01F 4/02 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
12
動物蛋白質をコードする遺伝子
D 繊維;紙
01
天然または人造の糸または繊維;紡績
F
人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛,リボンまたは炭素フィラメントの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
4
蛋白質の単一成分人造フィラメントまたはその類似物;その製造
02
フイブロインからのもの
出願人:
Spiber株式会社 SPIBER INC. [JP/JP]; 山形県鶴岡市覚岸寺字水上234番地1 234-1, Aza Mizukami, Kakuganji, Tsuruoka-shi, Yamagata 9970052, JP
国立研究開発法人理化学研究所 RIKEN [JP/JP]; 埼玉県和光市広沢2番1号 2-1, Hirosawa, Wako-shi, Saitama 3510198, JP
発明者:
森田 啓介 MORITA Keisuke; JP
安部 佑之介 ABE Yunosuke; JP
前川 健久 MAEKAWA Takehisa; JP
小鷹 浩一 KOTAKA Koichi; JP
菅原 潤一 SUGAHARA Junichi; JP
沼田 圭司 NUMATA Keiji; JP
代理人:
長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki; JP
清水 義憲 SHIMIZU Yoshinori; JP
優先権情報:
2017-14458626.07.2017JP
発明の名称: (EN) MODIFIED FIBROIN
(FR) FIBROÏNE MODIFIÉE
(JA) 改変フィブロイン
要約:
(EN) The present invention relates to modified fibroin containing a domain sequence represented by formula 1: [((A)n motif)-REP]m or formula 2: [((A)n motif)-REP]m-((A)n motif), wherein the domain sequence has an amino acid sequence having a reduced glutamine residue content in association with the deletion of one or multiple glutamine residues in REP or the substitution of one or multiple glutamine residues in REP by another amino acid residues. [In formula 1 and formula 2, "(A)n motif" represents an amino acid sequence composed of 4 to 27 amino acid residues, wherein the ratio of the number of alanine residues relative to the total number of amino acid residues in "(A)n motif" is 80% or more; "REP" represents an amino acid residue composed of 10 to 200 amino acid residues; m represents an integer of 10 to 300; and multiple pieces of "(A)n motifs" or the like may have the same amino acid sequence as each other or may have different amino acid sequences from each other.]
(FR) La présente invention concerne une fibroïne modifiée contenant une séquence de domaine représentée par la formule 1 : [((A)n motif)-REP]m ou la formule 2 : [((A)n motif)-REP]m-((A)n motif), la séquence de domaine comportant une séquence d'acides aminés ayant un contenu de résidu de glutamine réduit en association avec la délétion d'un ou de plusieurs résidus de glutamine en REP ou la substitution d'un ou de plusieurs résidus de glutamine en REP par d'autres résidus d'acides aminés. [Dans la formule 1 et la formule 2, "(A)n motif" représente une séquence d'acides aminés composée de 4 à 27 résidus d'acides aminés, le rapport du nombre de résidus d'alanine par rapport au nombre total de résidus d'acides aminés dans "(A)n motif" est de 80 % ou plus ; "REP" représente un résidu d'acide aminé composé de 10 à 200 résidus d'acides aminés ; m représente un nombre entier de 10 à 300 ; et de multiples éléments de "(A)n motifs" ou analogues peuvent avoir la même séquence d'acides aminés les unes par rapport aux autres ou peuvent avoir différentes séquences d'acides aminés les unes des autres.]
(JA) 本発明は、式1:[(A)モチーフ-REP]、又は式2:[(A)モチーフ-REP]-(A)モチーフで表されるドメイン配列を含む改変フィブロインであって、ドメイン配列が、天然由来のフィブロインと比較して、REP中の1又は複数のグルタミン残基を欠失したこと、又は他のアミノ酸残基に置換したことに相当する、グルタミン残基の含有量が低減されたアミノ酸配列を有する、改変フィブロインに関する。[式1及び式2中、(A)モチーフは4~27アミノ酸残基から構成されるアミノ酸配列を示し、かつ(A)モチーフ中の全アミノ酸残基数に対するアラニン残基数が80%以上である。REPは10~200アミノ酸残基から構成されるアミノ酸配列を示す。mは10~300の整数を示す。複数存在する(A)モチーフ等は、互いに同一のアミノ酸配列でもよく、異なるアミノ酸配列でもよい。]
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)