このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019022035) 化学強化ガラスおよびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/022035 国際出願番号: PCT/JP2018/027579
国際公開日: 31.01.2019 国際出願日: 23.07.2018
IPC:
C03C 10/12 (2006.01) ,C03B 32/02 (2006.01) ,C03C 21/00 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
10
失透ガラス―セラミックス,すなわち.ガラス相内に分散され,全組成の少なくとも50重量%を構成する結晶相をもつガラスセラミックス
04
けい酸塩または多けい酸塩結晶相,例.ムライト,透輝石,チタン石,斜長石
10
アルカリ金属アルミノけい酸塩結晶質相
12
リチウムアルミノけい酸塩,例.スポジュメン,ユークリプタイト
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
32
25/00~31/00のグループに分類されないガラス製品の熱後処理,例.結晶化,含有するガラスまたは他の不純物の除去
02
熱的結晶化,例.ガラス体を,ガラスセラミック物品に結晶化するためのもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
21
繊維やフィラメントの形態をとらないガラスの,表面にイオンまたは金属を拡散することによる表面処理
出願人:
AGC株式会社 AGC INC. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 5-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008405, JP
発明者:
李 清 LI Qing; JP
今北 健二 IMAKITA Kenji; JP
小池 章夫 KOIKE Akio; JP
前田 枝里子 MAEDA Eriko; JP
代理人:
特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2017-14486826.07.2017JP
2018-00220010.01.2018JP
発明の名称: (EN) CHEMICALLY STRENGTHENED GLASS AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
(FR) VERRE TREMPÉ CHIMIQUEMENT, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CELUI-CI
(JA) 化学強化ガラスおよびその製造方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a chemically strengthened glass having excellent transparency and strength and being scratch resistant. The present invention pertains to a chemically strengthened glass that: has a compressive stress layer on the surface thereof; has a visible light transmittance of at least 70% when the thickness thereof is converted to 0.8 mm; has a surface compressive stress of at least 600 MPa; has a compressive stress depth of at least 80 µm; and contains a β–spodumene.
(FR) L'invention a pour objet de fournir un verre trempé chimiquement excellent en termes de transparence et de résistance, et présentant peu de risques d'endommagement. Plus précisément, l'invention concerne un verre trempé chimiquement qui possède une couche de contrainte de compression en surface, et qui présente une transmittance de lumière visible supérieure ou égale à 70% en termes d'épaisseur de 0,8mm, une contrainte de compression superficielle supérieure ou égale à 600MPa, et une profondeur de contrainte de compression supérieure ou égale à 80μm, et qui comprend un β-spodumène.
(JA) 本発明は、透明性と強度に優れ、かつ傷つきにくい化学強化ガラスの提供を目的とする。本発明は、表面に圧縮応力層を有する化学強化ガラスであって、厚さが0.8mmに換算した可視光透過率が70%以上であり、表面圧縮応力が600MPa以上かつ圧縮応力深さが80μm以上であり、β-スポジュメンを含有する化学強化ガラスに関する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)