このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019022004) ポリプロピレン系樹脂組成物並びにそれを用いた繊維及び不織布
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/022004 国際出願番号: PCT/JP2018/027498
国際公開日: 31.01.2019 国際出願日: 23.07.2018
IPC:
C08L 23/10 (2006.01) ,C08L 23/02 (2006.01) ,D01F 1/10 (2006.01) ,D01F 6/06 (2006.01) ,D01F 8/06 (2006.01) ,D04H 3/007 (2012.01) ,D04H 3/14 (2012.01) ,D04H 3/147 (2012.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
23
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
化学的な後処理によって変性されていないもの
10
プロペンの単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
23
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
化学的な後処理によって変性されていないもの
D 繊維;紙
01
天然または人造の糸または繊維;紡績
F
人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛,リボンまたは炭素フィラメントの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
1
人造フィラメントあるいはその類似物の製造の一般的な方法
02
紡糸液,または溶融物への物質の添加
10
変性特性のための他の添加剤
D 繊維;紙
01
天然または人造の糸または繊維;紡績
F
人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛,リボンまたは炭素フィラメントの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
6
合成重合体の単一成分人造フィラメントまたはその類似物;その製造
02
不飽和化合物の単一付加重合生成物からのもの
04
ポリオレフィンからのもの
06
ポリプロピレンからのもの
D 繊維;紙
01
天然または人造の糸または繊維;紡績
F
人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛,リボンまたは炭素フィラメントの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
8
複合,例.二または多成分の,人造フィラメントまたはその類似物;その製造
04
合成重合体からのもの
06
ポリオレフィンを少なくとも一成分とするもの
D 繊維;紙
04
組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
H
布帛(はく)の製造,例.繊維またはフィラメント状材料から;そのような方法または装置で製造された布帛,例.フェルト,不織布;コットンウール;詰め物
3
全部または大部分が糸または類似の実質的に長いフィラメント状材料で構成された不織布
02
フリースまたは層の形成方法を特徴とするもの,例.糸またはフィラメントの再配列
07
平面状以外のもの,例.管状の方法で
D 繊維;紙
04
組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
H
布帛(はく)の製造,例.繊維またはフィラメント状材料から;そのような方法または装置で製造された布帛,例.フェルト,不織布;コットンウール;詰め物
3
全部または大部分が糸または類似の実質的に長いフィラメント状材料で構成された不織布
08
強化または結合方法に特徴のあるもの
14
溶着によりつくられた熱可塑性の糸またはフィラメント相互間の結合をもつもの
D 繊維;紙
04
組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
H
布帛(はく)の製造,例.繊維またはフィラメント状材料から;そのような方法または装置で製造された布帛,例.フェルト,不織布;コットンウール;詰め物
3
全部または大部分が糸または類似の実質的に長いフィラメント状材料で構成された不織布
08
強化または結合方法に特徴のあるもの
14
溶着によりつくられた熱可塑性の糸またはフィラメント相互間の結合をもつもの
147
複合繊維
出願人:
出光興産株式会社 IDEMITSU KOSAN CO.,LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号 1-1, Marunouchi 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008321, JP
発明者:
矢部 真理 YABE, Mari; JP
杉内 拓実 SUGIUCHI, Takumi; JP
南 裕 MINAMI, Yutaka; JP
武部 智明 TAKEBE, Tomoaki; JP
代理人:
平澤 賢一 HIRASAWA, Kenichi; JP
佐々木 渉 SASAKI, Wataru; JP
大谷 保 OHTANI, Tamotsu; JP
優先権情報:
2017-14281924.07.2017JP
2017-25244727.12.2017JP
発明の名称: (EN) POLYPROPYLENE-BASED RESIN COMPOSITION, AND FIBER AND NONWOVEN FABRIC USING SAME
(FR) COMPOSITION DE RÉSINE À BASE DE POLYPROPYLÈNE, ET FIBRE ET TISSU NON TISSÉ L'UTILISANT
(JA) ポリプロピレン系樹脂組成物並びにそれを用いた繊維及び不織布
要約:
(EN) Provided are: [1] a polypropylene-based resin composition that satisfies conditions (1) and (2) in a differential molecular weight distribution curve which is obtained from measurement by means of gel permeation chromatography using polystyrene as a conversion standard, and in which the horizontal axis represents the logarithmic value log(M) of the molecular weight M and the vertical axis represents the value dw/dlog(M) obtained by differentiating the concentration fraction w by the logarithmic value log(M) of the molecular weight (wherein, (1) in the differential molecular weight distribution curve, the value obtained by integrating the values of dw/dlog(M) in the range of 5.5≤log(M) is not more than 25% of the value obtained by integrating the values of dw/dlog(M) across the entire range of log(M), and, (2) in the differential molecular weight distribution curve, the value obtained by integrating the values of dw/dlog(M) in the range of 4.5≤log(M) exceeds 10% of the value obtained by integrating the values of dw/dlog(M) across the entire range of log(M)); [2] a polypropylene-based resin composition having a melt flow rate (MFR) of 10-500 g/10 min, while the half crystallization period exceeds 0.05 seconds; and [3] a polypropylene-based resin composition that comprises 40-99 mass% of a polypropylene-based resin (A) having a melting point (Tm-D) of more than 120°C, 0.5-59.5 mass% of a polypropylene-based resin (B-1) having a melting endotherm (ΔH-D) of 0-80 J/g, and 0.5-59.5 mass% of wax (B-2).
(FR) L'invention concerne : [1] une composition de résine à base de polypropylène qui satisfait les conditions (1) et (2) dans une courbe de distribution de poids moléculaire différentiel qui est obtenue à partir de la mesure au moyen d'une chromatographie par perméation de gel utilisant du polystyrène en tant que norme de conversion, et dans laquelle l'axe horizontal représente la valeur logarithmique log (M) du poids moléculaire M et l'axe vertical représente la valeur dw/dlog (M) obtenue par différenciation de la fraction de concentration w par la valeur logarithmique log (M) du poids moléculaire (où (1) dans la courbe de distribution de poids moléculaire différentiel, la valeur obtenue par intégration des valeurs de dw/dlog (M) dans la plage de 5,5 ≤ log (M) n'est pas supérieure à 25 % de la valeur obtenue par intégration des valeurs de dw/dlog (M) sur toute la plage de log (M), et, (2) dans la courbe de distribution de poids moléculaire différentiel, la valeur obtenue par l'intégration des valeurs de dw/dlog (M) dans la plage de 4,5 ≤ log (M) dépasse 10 % de la valeur obtenue par intégration des valeurs de dw/dlog (M) sur toute la plage de log (M)) ; [2] une composition de résine à base de polypropylène ayant un indice de fusion (MFR) de 10 à 500 g/10 min, tandis que la demi-période de cristallisation dépasse 0,05 secondes; et [3] une composition de résine à base de polypropylène qui comprend 40 à 99 % en masse d'une résine à base de polypropylène (A) ayant un point de fusion (tm -D) supérieur à 120 °C, 0,5 à 59,5 % en masse d'une résine à base de polypropylène (B-1) ayant un endotherme de fusion (ΔH-D) de 0 à 80 J/g, et de 0,5 à 59,5 % en masse de cire (B-2).
(JA) [1]ポリスチレンを換算基準としたゲル浸透クロマトグラフ法による測定から得られる、横軸が分子量Mの対数値log(M)であり、縦軸が濃度分率wを分子量の対数値log(M)で微分したdw/dlog(M)である微分分子量分布曲線において、下記(1)及び下記(2)を満たすポリプロピレン系樹脂組成物。 (1)前記微分分子量分布曲線において、5.5≦log(M)の範囲でdw/dlog(M)値を積分した値が、log(M)の全範囲でdw/dlog(M)値を積分した値に対して25%以下である。 (2)前記微分分子量分布曲線において、log(M)≦4.5の範囲でdw/dlog(M)値を積分した値が、log(M)の全範囲でdw/dlog(M)値を積分した値に対して10%を超える。 [2]メルトフローレート(MFR)が10~500g/10分であり、半結晶化時間が0.05秒を超える、ポリプロピレン系樹脂組成物。 [3]融点(Tm-D)が120℃を超えるポリプロピレン系樹脂(A)40~99質量%、融解吸熱量(ΔH-D)が0~80J/gであるポリプロピレン系樹脂(B-1)0.5~59.5質量%、及びワックス(B-2)0.5~59.5質量%を含有するポリプロピレン系樹脂組成物。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)