このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019021818) 高強度繊維複合材ケーブル
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/021818 国際出願番号: PCT/JP2018/026124
国際公開日: 31.01.2019 国際出願日: 11.07.2018
IPC:
D07B 1/02 (2006.01) ,C08J 5/04 (2006.01) ,C08K 7/06 (2006.01) ,C08L 61/14 (2006.01) ,C08L 71/12 (2006.01) ,C08L 81/02 (2006.01) ,C08L 101/00 (2006.01) ,D07B 1/16 (2006.01) ,E04C 5/07 (2006.01)
D 繊維;紙
07
ロープ;電気的なもの以外のケーブル
B
ロープまたはケーブル一般
1
ロープまたはケーブルの構造上の特徴
02
繊維状またはフィラメント状の材料,例.植物性繊維,動物性繊維,再生セルロース繊維,合成繊維,から構成されたロープ
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
04
解繊されたまたは凝集した繊維状物質による高分子化合物の補強
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
7
形状に特徴を有する配合成分の使用
02
繊維またはウィスカ
04
無機物
06
元素
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
61
アルデヒドまたはケトンの縮重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
04
アルデヒドまたはケトンとフェノールのみとの縮重合体
06
アルデヒドとフェノールとの
14
変性フェノール―アルデヒド縮合物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
71
主鎖にエーテル結合を形成する反応によって得られるポリエーテルの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
08
ヒドロキシ化合物またはその金属誘導体から誘導されたポリエーテル
10
フェノールから
12
ポリフェニレンオキシド
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
81
主鎖のみに窒素,酸素または炭素を含みまたは含まずにいおうを含む結合を形成する反応によって得られる高分子化合物の組成物;ポリスルホンの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
ポリチオエーテル;ポリチオエーテル―エーテル
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
101
不特定の高分子化合物の組成物
D 繊維;紙
07
ロープ;電気的なもの以外のケーブル
B
ロープまたはケーブル一般
1
ロープまたはケーブルの構造上の特徴
16
ゴムまたは合成樹脂で被覆した外装または埋め込みをもつロープまたはケーブル
E 固定構造物
04
建築物
C
構造要素;建築材料
5
補強要素,例.コンクリートのためのもの;そのための補助要素
07
金属以外の材料,例.ガラス,プラスチックまたは金属だけではない,からなる補強要素
出願人:
東京製綱株式会社 TOKYO ROPE MANUFACTURING CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋三丁目6番2号 6-2, Nihonbashi 3-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038306, JP
株式会社ケンシュー KENSYU & CO., LTD. [JP/JP]; 東京都板橋区桜川2丁目14番地4号 14-4, Sakuragawa 2-chome, Itabashi-ku, Tokyo 1740075, JP
発明者:
山本 幸仁 YAMAMOTO Yukito; JP
片山 拓哉 KATAYAMA Takuya; JP
蜂須賀 俊次 HACHISUKA Shunji; JP
倉地 育夫 KURACHI Yasuo; JP
代理人:
東京UIT国際特許業務法人 PATENT PROFESSIONAL CORPORATION TOKYO UIT INTERNATIONAL; 東京都中央区日本橋本町3丁目9番7号富久第二ビル6階 TOMIHISA Bldg. II 6th fl., 9-7, Nihonbashi-honcho 3-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030023, JP
高城 貞晶 TAKAJO Sadaaki; JP
優先権情報:
2017-14237924.07.2017JP
発明の名称: (EN) HIGH STRENGTH FIBER COMPOSITE MATERIAL CABLE
(FR) CÂBLE EN MATÉRIAU COMPOSITE RENFORCÉ PAR DES FIBRES À HAUTE RÉSISTANCE
(JA) 高強度繊維複合材ケーブル
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to sufficiently impregnate a high strength fiber bundle with a thermoplastic resin without impinging mechanical strength. A high strength fiber composite material cable is made by impregnating a bundle of carbon fibers with a matrix resin. The matrix resin is obtained by mixing a thermoplastic resin, for example polyphenylene sulfide, with an oligomer with a weight-average molecular weight of less than 10,000 obtained by reacting an organic compound containing a phenolic hydroxyl group and an organic compound containing a glycidyl ether group. The matrix resin has a lower viscosity than the parent thermoplastic resin, and can easily and reliably permeate the bundle of carbon fibers.
(FR) L'objet de la présente invention est d'imprégner suffisamment un faisceau de fibres à haute résistance avec une résine thermoplastique sans affecter la résistance mécanique. Un câble de matériau composite à fibres à haute résistance est fabriqué par imprégnation d'un faisceau de fibres de carbone avec une résine matricielle. La résine matricielle est obtenue en mélangeant une résine thermoplastique, par exemple du sulfure de polyphénylène, avec un oligomère ayant un poids moléculaire moyen en poids inférieur à 10 000 obtenu par la mise à réagir d'un composé organique contenant un groupe hydroxyle phénolique et un composé organique contenant un groupe éther glycidylique. La résine matricielle a une viscosité inférieure à celle de la résine thermoplastique mère, et peut pénétrer facilement et de manière fiable le faisceau de fibres de carbone.
(JA) この発明は,機械的強度を損ねることなく,高強度繊維束に熱可塑性樹脂を十分に含浸させることを目的とする。高強度繊維複合材ケーブルは,炭素繊維の束にマトリックス樹脂を含浸させることによってつくられる。上記マトリックス樹脂は,熱可塑性樹脂たとえばポリフェニレンサルファイドに,フェノール性水酸基を有する有機化合物とグリジシルエーテル基を有する有機化合物とを反応させて得られる重量平均分子量10,000未満のオリゴマーを混合させたものである。上記マトリックス樹脂は,その粘度が母材である熱可塑性樹脂の粘度に比べて低く,炭素繊維の束に確実に含浸しやすい。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)