このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019021747) 空気入りタイヤ、及び空気入りタイヤの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/021747 国際出願番号: PCT/JP2018/024970
国際公開日: 31.01.2019 国際出願日: 29.06.2018
IPC:
B60C 9/00 (2006.01) ,B29D 30/06 (2006.01) ,D02G 3/48 (2006.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9
空気タイヤの補強またはプライ配列
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
D
プラスチックまたは可塑状態の物質からの特定物品の製造
30
空気タイヤもしくは中実タイヤまたはその部品の製造
06
空気タイヤまたはその部品
D 繊維;紙
02
糸;糸またはロープの機械的な仕上げ;整経またはビーム巻き取り
G
繊維,フィラメント,糸またはより糸の巻縮処理;糸またはより糸
3
糸またはより糸,例.飾り糸;他の類に分類されない糸またはより糸を製造するための方法および装置
44
使用目的に特徴がある糸またはより糸
48
タイヤコード
出願人:
横浜ゴム株式会社 THE YOKOHAMA RUBBER CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区新橋5丁目36番11号 36-11, Shimbashi 5-chome, Minato-ku, Tokyo 1058685, JP
発明者:
竹中 雄一 TAKENAKA, Yuichi; JP
代理人:
グローバル・アイピー東京特許業務法人 GLOBAL IP TOKYO; 東京都新宿区西新宿8丁目3番30号 カーメルII CARMEL II, 8-3-30, Nishi-Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 1600023, JP
優先権情報:
2017-14602728.07.2017JP
発明の名称: (EN) PNEUMATIC TIRE, AND METHOD FOR MANUFACTURING PNEUMATIC TIRE
(FR) PNEUMATIQUE, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE PNEUMATIQUE
(JA) 空気入りタイヤ、及び空気入りタイヤの製造方法
要約:
(EN) The objective of the present invention is to provide a pneumatic tire with which a deterioration in tire characteristics can be suppressed while achieving a reduction in environmental impact. This pneumatic tire is provided with a reinforcing member including a plurality of aligned cords and rubber covering the cords. The cords include polyester fibers employing a biomass-derived component as at least part of a starting material. The proportion of biomass-derived carbon in carbon contained in the polyester fibers is at least 15%.
(FR) L'objectif de la présente invention est de fournir un pneumatique dont une détérioration des caractéristiques de pneu peut être supprimée tout en obtenant une réduction de l'impact environnemental. Ce pneumatique est doté d'un élément de renforcement comprenant une pluralité de câbles alignés et de caoutchouc recouvrant les câbles. Les câbles comprennent des fibres de polyester utilisant un composant dérivé de la biomasse en tant qu'au moins une partie d'un matériau de départ. La proportion de carbone dérivé de la biomasse dans le carbone contenu dans les fibres de polyester est d'au moins 15 %.
(JA) 環境負荷の低減を図りながら、タイヤ特性の悪化を抑制することのできる空気入りタイヤを提供する。空気入りタイヤは、引き揃えられた複数本のコードと、前記コードを被覆するゴムと、を有する補強部材を備えている。前記コードは、バイオマス由来成分を原料の少なくとも一部に用いたポリエステル繊維を有している。前記ポリエステル繊維に含まれる炭素のうち、前記バイオマス由来成分の炭素の割合が15%以上である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)