このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019021608) ピロール化合物、香料組成物、ならびにこれらを含有する飲食品および香粧品
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/021608 国際出願番号: PCT/JP2018/019862
国際公開日: 31.01.2019 国際出願日: 23.05.2018
IPC:
C07D 207/335 (2006.01) ,A23F 3/40 (2006.01) ,A23F 5/48 (2006.01) ,A23L 2/00 (2006.01) ,A23L 27/20 (2016.01) ,A61K 8/49 (2006.01) ,A61Q 13/00 (2006.01) ,C11B 9/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
207
異項原子として1個の窒素原子のみを含有し,他の環と縮合していない5員環からなる複素環式化合物
02
環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみを有するもの
30
環原子相互間または環原子と非環原子間に2個の二重結合を有するもの
32
環の炭素原子に直接結合する水素原子,炭化水素基または置換炭化水素基のみを有するもの
33
環の炭素原子に直接結合する,置換炭化水素基を有するもの
335
ニトロ基の一部でない窒素原子で置換された基
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
F
コーヒー;茶:それらの代用品;それらの製造,調製または煎出
3
茶;茶の代用品;それらの調製品
40
茶フレーバー;ティーオイル;茶または茶抽出物のフレーバー付与
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
F
コーヒー;茶:それらの代用品;それらの製造,調製または煎出
5
コーヒー;コーヒー代用品;それらの調製品
46
コーヒーフレーバー;コーヒーオイル;コーヒーまたはコーヒー抽出物のフレーバー付与
48
コーヒーフレーバーまたはコーヒーオイルの分離
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2
非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調整
[IPC code unknown for A23L 27/20]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
49
複素環式化合物を含むもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
13
香料用の製剤または添加剤
C 化学;冶金
11
動物性または植物性油,脂肪,脂肪性物質またはろう;それに由来する脂肪酸;洗浄剤;ろうそく
B
脂肪、脂肪性物質(例.ラノリン)、脂肪油またはろうの製造(例.原料の圧搾または廃棄物からの抽出)、精製または保存;精油;香料
9
精油;香料(化学物質の合成C07)
出願人:
長谷川香料株式会社 T. HASEGAWA CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋本町4丁目4番14号 4-14, Nihonbashi Honcho 4-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038431, JP
発明者:
稲永 俊介 INENAGA, Shunsuke; JP
吉川 啓輔 YOSHIKAWA, Keisuke; JP
宮澤 和 MIYAZAWA, Yamato; JP
伊藤 麻紀子 ITO, Makiko; JP
代理人:
八田国際特許業務法人 HATTA & ASSOCIATES; 東京都千代田区二番町11番地9 ダイアパレス二番町 Dia Palace Nibancho, 11-9, Nibancho, Chiyoda-ku, Tokyo 1020084, JP
優先権情報:
2017-14463026.07.2017JP
発明の名称: (EN) PYRROLE COMPOUND, FRAGRANCE COMPOSITION, AND FOOD/BEVERAGE AND COSMETIC CONTAINING THESE
(FR) COMPOSÉ PYRROLE, COMPOSITION DE PARFUM, ALIMENT/BOISSON ET PRODUIT COSMÉTIQUE LES CONTENANT
(JA) ピロール化合物、香料組成物、ならびにこれらを含有する飲食品および香粧品
要約:
(EN) The compound according to the present invention is represented by formula (1) [in formula (1), R1 is a C1-3 linear or branched alkyl group or a hydroxyl group; R2 is a 1-pyrrolyl group, a 2-pyrrolyl group, or a 3-pyrrolyl group]. The present invention is highly effective in contributing to a savory roasted sensation and can provide a means with which it is possible to impart a natural fragrance.
(FR) La présente invention concerne un composé représenté par la formule (1) [dans la formule (1), R1 représente un groupe alkyle linéaire ou ramifié en C1-3 ou un groupe hydroxyle ; R2 représente un groupe 1-pyrrolyle, un groupe 2-pyrrolyle ou un groupe 3-pyrrolyle]. La présente invention est très efficace pour contribuer à une sensation torréfiée savoureuse et peut fournir un moyen avec lequel il est possible de conférer un parfum naturel.
(JA) 本発明に係る化合物は、下記式(1):[上記式(1)中、Rは、炭素数1~3の直鎖もしくは分岐鎖のアルキル基または水酸基であり、Rは、1-ピロリル基、2-ピロリル基または3-ピロリル基である]で表される。本発明は、香ばしい焙煎感に寄与する効果が高く、また、天然感のある香気を付与することができる手段を提供しうる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)