このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019021371) 粘着テープ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/021371 国際出願番号: PCT/JP2017/026870
国際公開日: 31.01.2019 国際出願日: 25.07.2017
IPC:
C09J 7/02 (2006.01) ,C09J 133/04 (2006.01) ,C09J 201/00 (2006.01)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
7
フィルム状または箔状の接着剤
02
担体上のもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
133
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪酸がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04
エステルの単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
201
不特定の高分子化合物に基づく接着剤
出願人:
株式会社寺岡製作所 TERAOKA SEISAKUSHO CO., LTD. [JP/JP]; 東京都品川区広町1丁目4番22号 4-22, Hiromachi 1-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1408711, JP
発明者:
土屋 靖史 TSUCHIYA, Yasushi; JP
代理人:
石橋 政幸 ISHIBASHI, Masayuki; JP
三原 史子 MIHRA, Fumiko; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) ADHESIVE TAPE
(FR) RUBAN ADHÉSIF
(JA) 粘着テープ
要約:
(EN) Disclosed is an adhesive tape 11 having an adhesive layer on one or both faces of a substrate, characterized in that the substrate is a foam body and the rate of compression deformation during adhesion is 0 to -10% at pressures between 0.3 and 5.0 MPa. The adhesive tape 11 is preferably of ultra-fine width wherein the thickness has excellent dimensional stability so that, for example, a gap G arising from a compression process such as pressing a cover panel onto a casing is small in size, the appearance of a product is not readily impaired by the gap G, and damage due to the gap G does not readily occur when the product is dropped.
(FR) L'invention concerne un ruban adhésif 11 comportant une couche adhésive sur une ou les deux faces d'un substrat, caractérisé en ce que le substrat est un corps en mousse et en ce que son taux de déformation par compression pendant l'adhérence est de 0 à -10 % à des pressions comprises entre 0,3 et 5,0 MPa. La bande adhésive 11 a de préférence une largeur ultra-fine et une épaisseur ayant une excellente stabilité dimensionnelle de sorte que, par exemple, un espace G résultant d'un procédé de compression tel que le pressage d'un panneau protecteur sur un boîtier est de petite taille, l'aspect du produit n'est pas facilement détérioré par l'espace G, et des dommages occasionnés par l'espace G ne surviennent pas facilement quand on fait tomber le produit.
(JA) 基材の片面又は両面に粘着剤層を有する粘着テープ11であって、前記基材が発泡体であり、0.3~5.0MPaの範囲内で圧縮した際の接着時圧縮変形率が0~-10%であることを特徴とし、好ましくは極細幅の粘着テープ11であり、厚さの寸法安定性が優れ、例えばカバーパネルと筐体をプレスする工程等の加圧工程おいて生じるギャップGが小さく、ギャップGによる製品外観が損なわれ難く、また、製品の落下時のギャップGによる破損が生じ難い粘着テープが開示される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)