このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019017490) ペンテン酸エステル誘導体の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/017490 国際出願番号: PCT/JP2018/027364
国際公開日: 24.01.2019 国際出願日: 20.07.2018
IPC:
C07C 67/38 (2006.01) ,C07C 51/09 (2006.01) ,C07C 55/14 (2006.01) ,C07C 69/44 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
67
カルボン酸エステルの製造
36
一酸化炭素またはホルメートとの反応によるもの
38
炭素―炭素不飽和結合への付加によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
51
カルボン酸またはその塩,酸ハロゲン化物または酸無水物の製造
09
カルボン酸エステルまたはラクトンから
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
55
非環式炭素原子に結合している2個以上のカルボキシル基をもつ飽和化合物
02
二塩基性カルボン酸
14
アジピン酸
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
69
カルボン酸のエステル;炭酸またはハロぎ酸のエステル
34
エステル化されているカルボキシル基が非環式炭素原子に結合している非環式飽和多塩基酸のエステル
44
アジピン酸エステル
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
宇部興産株式会社 UBE INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 山口県宇部市大字小串1978番地の96 1978-96, Oaza Kogushi, Ube-shi, Yamaguchi 7558633, JP
発明者:
山田 敦士 YAMADA Atsushi; JP
生田 淳也 IKUTA Junya; JP
山本 祥史 YAMAMOTO Yasushi; JP
代理人:
長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki; JP
清水 義憲 SHIMIZU Yoshinori; JP
石坂 泰紀 ISHIZAKA Yasunori; JP
優先権情報:
2017-14216621.07.2017JP
発明の名称: (EN) PRODUCTION METHOD FOR PENTENOIC ACID ESTER DERIVATIVE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN DÉRIVÉ D'ESTER D'ACIDE PENTÉNOÏQUE
(JA) ペンテン酸エステル誘導体の製造方法
要約:
(EN) Provided is a method for producing a pentenoic acid ester derivative using a biomass raw material, comprising step A for reacting the biomass raw material with a first alcohol in the presence of an acid catalyst to obtain a levulinic acid ester and a formic acid ester, step B for reacting the levulinic acid ester with a hydrogen source to obtain γ-valerolactone, and step C for reacting the γ-valerolactone with a second alcohol in the presence of an acid catalyst or a base catalyst to obtain a pentenoic acid ester.
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'un dérivé d'ester d'acide penténoïque à l'aide d'une matière première de biomasse, comprenant l'étape A qui consiste à faire réagir la matière première de biomasse avec un premier alcool en présence d'un catalyseur acide pour obtenir un ester d'acide lévulinique et un ester d'acide formique, l'étape B qui consiste à faire réagir l'ester d'acide lévulinique avec une source d'hydrogène pour obtenir γ-valérolactone, et l'étape C qui consiste à faire réagir γ-valérolactone avec un second alcool en présence d'un catalyseur acide ou d'un catalyseur basique pour obtenir un ester d'acide penténoïque.
(JA) バイオマス原料を用いるペンテン酸エステル誘導体の製造方法であって、バイオマス原料と第1のアルコールとを酸触媒の存在下で反応させてレブリン酸エステル及びギ酸エステルを得る工程A、レブリン酸エステルと水素源とを反応させてγ-バレロラクトンを得る工程B及びγ-バレロラクトンと第2のアルコールとを酸触媒又は塩基触媒の存在下で反応させてペンテン酸エステルを得る工程Cを含む、製造方法を提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)