このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019017399) アンモニア合成触媒
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/017399 国際出願番号: PCT/JP2018/026953
国際公開日: 24.01.2019 国際出願日: 18.07.2018
IPC:
B01J 23/58 (2006.01) ,B01J 35/10 (2006.01) ,B01J 37/08 (2006.01) ,C01C 1/04 (2006.01) ,C01B 32/205 (2017.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
54
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56
白金族金属
58
アルカリ金属またはアルカリ土類金属またはベリリウムと結合したもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
10
表面特性または多孔性に特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
08
熱処理
C 化学;冶金
01
無機化学
C
アンモニア;シアン;それらの化合物
1
アンモニア;その化合物
02
アンモニアの製造または分離
04
合成によるアンモニアの製造
[IPC code unknown for C01B 32/205]
出願人:
国立研究開発法人産業技術総合研究所 NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY [JP/JP]; 東京都千代田区霞が関1丁目3番1号 3-1, Kasumigaseki 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008921, JP
発明者:
西 政康 NISHI Masayasu; JP
高木 英行 TAKAGI Hideyuki; JP
優先権情報:
2017-14006319.07.2017JP
2018-04974516.03.2018JP
発明の名称: (EN) AMMONIA SYNTHESIS CATALYST
(FR) CATALYSEUR DE SYNTHÈSE D'AMMONIAC
(JA) アンモニア合成触媒
要約:
(EN) Provided is an ammonia synthesis catalyst having a configuration in which a catalytic component and a promoter component are supported on a carrier. The ammonia synthesis catalyst is characterized in that: the catalytic component is ruthenium, and the promoter component is an alkali metal or an alkaline-earth metal; and the carrier is a carbon material, in which an inter-layer distance between 002 planes derived from the carbon lamination structure is in the range of 0.339-0.375 nm, the specific surface area is in a range of 150-1400 m2/g, and the average pore diameter is in the range of 8-20 nm, the foregoing all being determined by X-ray diffraction analysis.
(FR) L'invention concerne un catalyseur de synthèse d'ammoniac ayant une configuration dans laquelle un composant catalytique et un composant promoteur sont supportés sur un support. Le catalyseur de synthèse d'ammoniac est caractérisé en ce que : le composant catalytique est du ruthénium, et le composant promoteur est un métal alcalin ou un métal alcalino-terreux; et le support est un matériau carboné, dans lequel une distance inter-couche entre 002 plans dérivés de la structure de stratification de carbone est dans la plage de 0,339 à 0,375 nm, la surface spécifique se situe dans une plage de 150 à 1400 m2/g, et le diamètre moyen des pores se situe dans la plage de 8 à 20 nm, ce qui précède tout en étant déterminé par analyse de diffraction des rayons X.
(JA) 触媒成分と助触媒成分を担体に担持してなるアンモニア合成触媒であって、前記触媒成分がルテニウムであり、前記助触媒成分がアルカリ金属またはアルカリ土類金属であり、前記担体が、X線回折分析による炭素の積層構造に由来する002 面の層間距離が0.339nm 以上0.375nm 以下の範囲であり、比表面積が150m2/g以上1400m2/g 以下の範囲であり、平均細孔直径が8nm 以上20nm 以下の範囲である炭素材料であることを特徴とするアンモニア合成触媒を提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)