このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019017278) 化学強化用ガラスおよび化学強化ガラス
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/017278 国際出願番号: PCT/JP2018/026405
国際公開日: 24.01.2019 国際出願日: 12.07.2018
IPC:
C03C 3/087 (2006.01) ,C03C 21/00 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
076
重量比で40%から90%シリカを有するもの
083
酸化アルミニウムまたは鉄化合物を含むもの
085
二価金属の酸化物を含むもの
087
酸化カルシウムを含むもの,例.通常の板ガラスまたは容器ガラス
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
21
繊維やフィラメントの形態をとらないガラスの,表面にイオンまたは金属を拡散することによる表面処理
出願人:
AGC株式会社 AGC INC. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 5-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008405, JP
発明者:
李 清 LI Qing; JP
大原 盛輝 OHARA Seiki; JP
秋葉 周作 AKIBA Shusaku; JP
代理人:
特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2017-13914718.07.2017JP
発明の名称: (EN) GLASS TO BE CHEMICALLY STRENGTHENED AND CHEMICALLY STRENGTHENED GLASS
(FR) VERRE DESTINÉ À ÊTRE RENFORCÉ CHIMIQUEMENT ET VERRE CHIMIQUEMENT RENFORCÉ
(JA) 化学強化用ガラスおよび化学強化ガラス
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide glass to be chemically strengthened which exhibits a thermal expansion coefficient and high-temperature viscosity which are of the same level as said coefficient and viscosity of conventional soda-lime glass, while making it possible to achieve high strength due to a chemical strengthening treatment. The present invention pertains to glass to be chemically strengthened which has a specific composition and exhibits an average linear thermal expansion coefficient of 75-95×10-7/K at 50-350°C.
(FR) L'objet de la présente invention est de pourvoir à un verre destiné à être renforcé chimiquement qui présente un coefficient de dilatation thermique et une viscosité à haute température au même niveau que le coefficient et la viscosité du verre sodo-calcique classique, tout en ayant une résistance mécanique élevée due au traitement de renforcement chimique. Le verre destiné à être renforcé chimiquement selon l'invention a une composition spécifique et présente un coefficient de dilatation thermique linéaire moyen de 75 à 95 × 10-7/K à 50-350 °C.
(JA) 本発明は、従来のソーダライムガラスと同程度の熱膨張係数と、同程度の高温粘性を有し、且つ化学強化処理によって高い強度が得られる化学強化用ガラスの提供を目的とする。本発明は、特定の組成を有し、50℃~350℃における平均線熱膨張係数が75~95×10-7/Kである、化学強化用ガラスに関する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)