このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019017239) フォームラバーの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/017239 国際出願番号: PCT/JP2018/025972
国際公開日: 24.01.2019 国際出願日: 10.07.2018
IPC:
C08J 9/30 (2006.01) ,C08F 236/12 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
9
多孔性または海綿状の物品または物質にするための高分子物質の処理;その後処理
30
液状組成物またはプラスチゾルにガスを混合するもの,例.空気の吹込み
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
236
1個以上の不飽和脂肪基をもち,その少なくとも1個が,2個以上の炭素―炭素二重結合を含有する化合物の共重合体
02
不飽和脂肪族基が2個の炭素―炭素二重結合を含有する単量体
04
共役系
12
ニトリルとの
出願人:
日本ゼオン株式会社 ZEON CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目6番2号 6-2, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008246, JP
発明者:
谷山 友哉 TANIYAMA, Tomoya; JP
羽根田 英和 HANEDA, Hidekazu; JP
代理人:
とこしえ特許業務法人 TOKOSHIE PATENT FIRM; 東京都新宿区西新宿7丁目22番27号 西新宿KNビル Nishishinjuku KN Bldg., 22-27, Nishishinjuku 7-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600023, JP
優先権情報:
2017-14002919.07.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR MANUFACTURING FOAM RUBBER
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE MOUSSE DE CAOUTCHOUC
(JA) フォームラバーの製造方法
要約:
(EN) Provided is a method for manufacturing a foam rubber by foaming a polymer latex, wherein the method for manufacturing a foam rubber uses, as said polymer latex, a polymer latex in which the concentration of solid content is 60.0 wt% or more; the volume cumulative particle diameter d10 is greater than 140 nm in a volume-based particle diameter distribution; and the content of an antifoaming agent is 0.001-1.0 parts by weight with respect to 100 parts by weight of a polymer in said polymer latex.
(FR) L'invention fournit un procédé de fabrication de mousse de caoutchouc qui est destiné à fabriquer une mousse de caoutchouc par moussage d'un latex de polymère, et qui met en œuvre en tant que latex de polymère un composant de concentration en matière solide supérieure ou égale à 60,0% en masse, de diamètre particulaire en volume cumulé (d10) dans une distribution granulométrique sur la base du volume supérieure à 140nm, et de teneur en agent antimousse pour 100 parties en masse de polymère contenu dans ledit latex de polymère comprise entre 0,001 et 1,0 partie en masse.
(JA) 重合体ラテックスを発泡させることで、フォームラバーを製造する方法であって、前記重合体ラテックスとして、固形分濃度が60.0重量%以上、体積基準の粒子径分布における体積累積粒径d10が140nm超であり、前記重合体ラテックス中の重合体100重量部に対する消泡剤の含有割合が0.001~1.0重量部であるものを用いるフォームラバーの製造方法を提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)