このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019013345) 二重管及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/013345 国際出願番号: PCT/JP2018/026606
国際公開日: 17.01.2019 国際出願日: 13.07.2018
IPC:
F28D 7/10 (2006.01) ,B21D 39/04 (2006.01) ,B21D 53/06 (2006.01) ,F16L 9/18 (2006.01) ,F28F 1/40 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28
熱交換一般
D
熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの;蓄熱プラントまたは装置一般
7
両熱交換媒対に対して不動の管状の流路群をもち,それらの媒体が相互に異なった側の流路壁と接触する熱交換装置
10
他の流路内に,別の流路が配置されているもの,例.同心的なもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
39
物体または部品を結合するための方法の適用,例.鍍金以外の金属板での被覆;拡管装置
04
管と管の結合;管と棒の結合
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
53
他の特定物品の製造
02
熱交換器,例.ラジエータ,コンデンサー
06
金属管からのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L
管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
9
剛性管
18
二重管;多水路管または管組み立て品
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28
熱交換一般
F
一般的な熱交換または熱伝達装置の細部
1
管状要素;管状要素の組み立て
10
熱伝達面積を増加するための管状要素またはその組み立て,例.ひれをもつもの,突出部をもつもの,凹みをもつもの
40
管状要素の内側のみにある手段
出願人:
カルソニックカンセイ株式会社 CALSONIC KANSEI CORPORATION [JP/JP]; 埼玉県さいたま市北区日進町二丁目1917番地 2-1917, Nisshin-cho, Kita-ku, Saitama-shi, Saitama 3318501, JP
発明者:
大野 裕之 OONO, Hiroyuki; JP
代理人:
特許業務法人後藤特許事務所 GOTOH & PARTNERS; 東京都千代田区霞が関三丁目3番1号尚友会館 Shoyu-Kaikan, 3-1, Kasumigaseki 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000013, JP
優先権情報:
2017-13767514.07.2017JP
2017-19446604.10.2017JP
2018-13172411.07.2018JP
発明の名称: (EN) DOUBLE PIPE AND MEHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) TUYAU DOUBLE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DUDIT TUYAU DOUBLE
(JA) 二重管及びその製造方法
要約:
(EN) This double pipe (50) has an inner pipe (20) provided inside an outer pipe (30) with a flow path gap (29) therebetween, and a fin material (11) is provided inside the inner pipe (20). The outer pipe (30) has an outer crimp (32) protruding to the inner diameter side. The inner pipe (20) has an inner crimp (22) overlapping the outer crimp (32). A seal section (45) for sealing between the outer pipe (30) and the inner pipe (20) is provided between the outer pipe (30) and the inner pipe (20). The fin material (11) is held by the inner crimp (22).
(FR) L'invention concerne un tuyau double (50) présentant un tuyau interne (20) disposé à l'intérieur d'un tuyau externe (30), un espace de trajet d'écoulement (29) étant situé entre ces derniers, et un matériau d'ailette (11) étant disposé à l'intérieur du tuyau interne (20). Le tuyau externe (30) présente un sertissage externe (32) faisant saillie vers le côté de diamètre interne. Le tuyau interne (20) présente un sertissage interne (22) chevauchant le sertissage externe (32). Une section d'étanchéité (45) destinée à assurer l'étanchéité entre le tuyau externe (30) et le tuyau interne (20) est disposée entre le tuyau externe (30) et le tuyau interne (20). Le matériau d'ailette (11) est maintenu par le sertissage interne (22).
(JA) 二重管(50)は、外管(30)の内部に流路間隙(29)をもって内管(20)が設けられ、内管(20)の内部にフィン材(11)が設けられる。外管(30)は、内径側に突出する外カシメ部(32)を有する。内管(20)は、外カシメ部(32)と重なる内カシメ部(22)を有する。外管(30)と内管(20)との間には、外管(30)と内管(20)との間をシールするシール部(45)が設けられる。そして、フィン材(11)は、内カシメ部(22)に保持される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)